Visual Studio Community 2017を使って起動→保存→開くの基本動作の流れを確認

プログラミング

 

 

今回は実際に「Visual Studio 2017」を起動してC言語のソースコードが書けるか試してみます。

お試しなので何か具体的に「こんなコードを書く」とかではなく、「起動してファイルを保存する」というこれからいつもする決まった動作を確認する内容です。

 

新しいプロジェクトを作る

 

これから作るプロジェクトにC言語を書いていきます。

 

まずは、Visual Studio 2017を起動します。

こんなアイコンです。

 

 

すると上のような画面が表示されるので、一番左上にある「ファイル」をクリックします。

 

そこから「新規作成」→「プロジェクト(P)」をクリックします。

 

 

すると上のような画面が出てきます。

 

「Visual C++」→「空のプロジェクト」を選択してください。

名前(N)は好きなものを自由につけてください。私は「samurai01」と付けました。

できれば英語で書いた方がいいようです。

 

あと、右下に□ソリューションのディレクトリの作成(D)の項目がありますが、チェックは外しておいてください。

できたら「OK」をクリックします。

 

 

すると上のような画面に移動します。

 

しかし、そこにはまだソースコードを書くための場所がありません。

なので次にコードを書くための場所を作ります。

 

 

画面上の「デバッグ」という所から「(先程付けた名前)のプロパティ…」をクリックします。

 

私の場合は「samurai01のプロパティ…」です。

 

 

 

上の難しい設定画面が表示されるので、

「リンカー」→「システム」→「サブシステム」をクリック。

 

すると「サブシステム」の右側に「設定なし」の表示があります。その横の下矢印のアイコンをクリックして「コンソール」を選択してください。

 

選択出来たら「適用(A)」をクリックして最後に「OK」をクリック。

 

 

もとの画面に戻ります。

 

次に左側にある「ソースファイル」→「追加(D)」→「新しい項目(W)」をクリック。

 

 

「Visual C++」→「C++ファイル」を選択してください。

 

名前(N)は好きなものをつけてください。私は「katana.c」にしました。

 

扱うのがC言語なので名前の最後には「.c」を付けておきます。出来たら「追加(A)」をクリック。

 

 

やっとできました。

 

これで自由にC言語を書き込むことが出来ます。

 

保存する

 

次に保存をしましょう。

 

 

 

保存は上の画像のように左上にあるアイコンからできます。Ctrl+Sを押しても同じように保存できます。

 

これで一通りは終わりですが、最後に今あるプロジェクトを消して保存してものを開く作業をします。

 

いったん画面右上の✕を押してVisual Studio 2017を閉じてください。

 

 

その時上のような表示が出てくるかもしれませんが「はい」を押して構いません。

 

 

もう一度開く

 

Visual Studio 2017をもう一度開きます。

 

 

はい、最初のような画面が表示されます。

 

先程保存した「katana.c」を開きましょう。(この時最近開いたプロジェクトであれば「最近」の項目にあるところからクリックするだけで開けます。)

 

 

 

「ファイル」→「開く(O)」→「プロジェクト/ソリューション(P)」をクリック。

 

 

するとVisual Studio 2017から「samurai01」のファイルがあります。

 

 

 

そこから「samurai01.sln」を開いてください。先程付けた好きな名前.slnと書かれているはずです。

 

 

 

無事開けました。

 

とりあえず以上が

Visual Studio 2017起動→新しいC言語用のプロジェクトファイル作成→保存→ファイルをもう一度開く

の作業を一通りやってみました。

 

分かりにくかったらすいません。

 

コメント