最新VR技術!?驚きのバーチャル演出に未来への期待が高まる!

バーチャル VR

 

最近バーチャル界隈が熱いです。バーチャルユーチューバー(VTuber)しかり、Vchat(ブイチャット)しかり、本当にたくさんのバーチャルサービスが誕生しています。

 

今回は私が最近注目している素晴らしいバーチャル技術を紹介していきます。なお私はVR技術やUnityにはまったく精通していないので専門的な知識を省いて、「夢の広がるバーチャル技術」を紹介していきます。

 

最近注目されているVTuber(ブイチューバー)

 

最近YouTube界隈で注目されているのがVTuberです。

 

VTuberとは、バーチャルユーチューバーの略で、2Dや3DCGなどを使って動画内でアニメーションアバターを用いて動画を配信するYouTuberのことです。

 

キズナアイさんやミライアカリ、輝夜 月(かぐや るな)さんなどが代表的です。

 

キズナアイ

【自己紹介】はじめまして!キズナアイですლ(´ڡ`ლ)

 

キズナアイさん(A.I.Channel)はYouTubeチャンネル登録者数は200万人を超え、最近ではTV番組でも見かけるほど世間に進出しています。VTuber界の大御所と呼ばれる存在です。

 

コメント欄に外国語が多いことから海外からのファンも厚く、世界をまたいでの人気があることが分かります。

 

輝夜 月(かぐや るな)

【自己紹介】輝夜 月の特技がスゴイ!!!!

 

輝夜 月(かぐや るな)さん(Kaguya Luna Official)はチャンネル登録数75万人を超える大物ブイチューバーです。その特徴的な声(いわく、首を絞められたハム太郎の声w)と元気はつらつとした明るい性格が人気で、かなり濃いファンが定着しています。

 

特に輝夜 月(かぐや るな)さんは2018年8月31日に初ライブの全国各地での開催が決定されています。

 

そのライブのためにバーチャルライブ会場「Zeep VR」が設置され、ライブチケットは販売開始10分で完売されるほどの盛り上がりです。

参考:「VTuber・輝夜 月(カグヤルナ)、Zepp VRライブ完売につきライブビューイング決定

 

周囲の景色が一片!?まるで魔法のようなVR技術(動画あり)

 

まずは次の動画を見てください。動画時間は20秒ほどです。

 

 

この動画は2018年7月5日にVoxelKeiさん(@VoxelKei)によってツイートされた動画で、私が今回この記事を書くきっかけとなったツイートです。この動画はMoguraVRという有名なサイトでも取り上げられるほど有名です。

 

もう一度言いますが、私にはVR技術の専門知識はほとんどありません。しかし、この動画を見て素人ながら世界のバーチャル技術の未来に期待しました。

 

最初はなんてことない公園の景色が目に入ります。しかし次の瞬間、視界を数多の立方体が覆いつくして消えていきます。すると周りには以前とは全く異なる風景が広がっています。

 

まるで今ある世界が全く違う世界に目の前で再構築されていくようです。

 

過去にも、今いる位置から別の位置への移動はVR技術を用いて再現されてきました。しかし、この演出はまるで”単なる移動”というより”別世界へのワープあるいは再構築”のように感じました。

 

その後VoxelKeiさんが過去に作った動画を見てみたのですが、日本の空を自由に飛んだり、これまたかっこいいワープをしたり、なんというか夢が広がりますね!

 

いつか自分の部屋から世界各地を自由に飛び回り、制限なく冒険することが当たり前の時代が来るのでしょうか。

 

そんな時代が来たら、友達や彼女と空中鬼ごっこや空中デートなんてものが流行りそうですねw

 

以下にVoxelKeiさんがTwitterに上げている作品の中で、私がお勧めするVR技術を用いた動画を3つ紹介させてもらいます。

 

 

 

 

VoxelKeiさんは他にも、日本列島VR, HoleLenz, HoleLenz Gate, SpatialGate, NailCanvasVR, 富士山ビューワーVR, TwinkleEcho, TwinkleCamera, NailCanvas, NailCanvas2など様々な作品を作成しているので興味のある方はぜひTwitterでその作品を見てはどうでしょう。

 

これからのバーチャル技術に期待

 

VR技術はまだまだ発展途上です。人間の目の動きに合わせた高速な画像処理、目の焦点を意識した画像解像度など解決するべき課題が山ほどあります。

 

人間が実際に見ているように画像を連続的に遷移させるのがかなり難しい技術ということは素人目でもわかります。

 

しかし、この記事で載せたような動画内容が実際に自分で体験できるようになる未来を創造すると、その期待は高まるばかりです。

 

そしてこの記事で、私のようにVRやバーチャル技術に興味を持っていたっ抱けたら幸いです。

 

コメント