【購入前】VR HMDのOculus RiftとHTC Viveを比較してみた

バーチャル VR

 

最近VR用のゲーミングPCを買って、さあVR用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)を買おうとしてどれにしようか迷っていました。

 

PC用のHMDなのでそこまで種類が多くないのが救いですが、値段が値段なので安易に決めない方がいいなと真剣に調べているとある程度の候補が決まります。

 

Oculus RiftとHTC Viveです。

 

両者VR界ではかなり有名でどっちもどっちのような気もしたのですが、よくよく調べてみると細かいところでしっかりと違いがあるようです。

 

今回は私が実際に調べてみたOculus RiftとHTC Viveの違いと「選ぶならどっち?」という基準を解説していきます。(技術的なことは今回は省略)

 

Oculus RiftとHTC Viveを比べて

 

Oculus Rift

  • 値段:50,000円(Oculus RiftはOculus公式店でしか買えません)
  • 付属品:ヘッドセット、ヘッドセットケーブル4m、コントローラー2つ(Oculus Touch)、オンイヤー型ヘッドフォン、リモコン、センサー2台、

HTC Vive

  • 値段:約69,000円(Viveは国内で売っている店舗によって値段が変わってきます)
  • 付属品:ヘッドセット、フェースクッション、ノーズレスト、ワイヤレスコントローラー2台、ベースステーション2台、3-in-1ケーブル、リングボックス、イヤホン、ケーブル、充電器、アクセサリ、プロモーションコンテンツ無料引き換えコード、VIVEPORTサブスクリプション無料トライアル

 

Oculus Riftはかなり有名なHMDですが、性能ではViveとはどっこいどっこな感じのようです。というのも基本的なスペックは、解像度、フレッシュレート、視野角ともにほとんど変わらないからです。

 

また、Oculusはそのレンズの構造から正面絵の映像がきれいに見えるようですが、正直使う人間によって感じ方が違うのかなと感じました。個々人の意見によっては、「Oculusのほうが映像がきれいに見える」や「OculusもViveも変わらない」と意見がばらばらです。

 

 

そして、Oculusの特徴と言えば、そのコントローラーの形です。握るような形をした形状のコントローラーなため、握るという動作をVR内でするとより現実感がわくと考えられます。逆にViveは棒状で剣を振ったりという動作には現実感がわきそうです。

 

また、Oculusに関してはセンサーのセッティングが楽なのは大きなメリットです。Viveはプレイヤーの動きを感知するためのセンサーを部屋の天井部に固定しなければならなく、通常そのセッティングに手間がかかってしまします。

 

しかし、Oculusは適切な場所なら部屋の隅、まさに机や床の上などに置いておくだけでセッティング完了です。もちろんセンサーの反応に違和感を感じた時も、すぐに移動させることができます。

 

このセッティングの面での簡単さは大きなメリットだと感じました。

 

 

続いてはViveに関して。

ViveはSteamというゲームプラットフォーム、いってしまえばPC用ゲームをたくさん扱っている企業、とHTC社が共同で開発したHMDです。

 

このViveに関しては一度使用したことがあるのですが、そこまで問題はないように感じました。「少し頭が重いかな」とは感じましたが、OculusもViveもどっちもそれなりの重さです。

 

どうせ使っているうちに頭に比重が偏ってくるので重さは軽いに越したことはないのですが、どっちかというとしっかりとフィットするかが大事だと考えます。

 

Viveを使ったときはしっかりと固定できましたし、この辺はOculusもそうは違わないのでしょう。しかし、他の点で大きな違いがあることに気づきました。

 

それは、「Oculusは眼鏡を掛けながらプレイスには厳しい」という事実です。私がViveを使ったときは眼鏡をしていてもまったく圧迫感は感じずにプレイすることが出来ていましたが、Oculusだと少し窮屈になってしまいます。

 

なので、目の悪い人がOculusを使う時は必然的にコンタクトを使用することになります。

 

どちらかを選ぶときの基準

 

いろいろ書いてきましたが、ここからは実際にOculus RiftかHTC Viveのどちらかを選ぶかを決める際のおおまかな基準を書いていきます。

気を付ける点は

  • 眼鏡をかけているか
  • 値段
  • 在庫状況
  • 重量

の4つです。

 

眼鏡をかけているか

 

これは先ほども書きましたが、Oculusは眼鏡をつけたままの装着がかなり厳しいですが、HTC Viveは眼鏡をかけたままの装着を想定しており、圧迫感が基本的にほとんどないように作られています。

 

なので、眼鏡をかけたままプレイしたいという方にはViveがおすすめです。しかし、もしコンタクトを使用しているという方はその状態でOculusをすれば問題なしです。

 

私は眼鏡つけててコンタクト怖いので、この時点でViveです。

 

値段

 

値段はOculusが50,000円ピッタリ、Viveは店舗によって違いがありますが、だいたい65,000円くらいです。単純計算でたく2万円くらいの差でOculusのほうが安いです。

 

お金の問題は個々人の予算によるのでこれなら安いとは言えませんが、私はViveでもいいかなと思います。

 

在庫状況

 

Viveの在庫がない。

 

何処にもありません。Oculus Riftは公式ショップの方に5万円で今も売っているようですが、Viveの方は人気すぎてどこも完売で出荷は未定。

 

すぐに遊びたい私にとってはOculusが魅力的に見えますが、眼鏡の問題があるので待つことにします。幸い1か月単位くらいで、在庫状況が更新されているようですので、TwitterやViveを取り扱っているサイトを見張れば勝機はあります。

 

Vive公式サイトではViveを正規に取り扱っている店舗情報を載せています。つまりこの中のサイトを見張ります。なんだか、かつてNitendo Switch欲しさに公式サイトを見張り続け、入荷予定時間にサイトを更新しまくってゲットしたのを思い出します。

 

重量

 

重量については先ほども書きましたが、Oculus Riftが440gでViveが620gです。

 

Oculusの方がViveよりも軽いですね。しかし、どっとも重いっちゃ重いのでがっちり固定するしかないと考えます。重さに関しては人によって感じ方が違う上、頭の形状によってもフィット感に違いだ出ます。

 

もし440gほども重さに違和感を感じるようであれば、実際にOculusやViveを体験で装着してみてその使用感を見てみてもいいでしょう。装着した直後はよくても、時間がたつと違和感を感じ始めるということもあると思います。

 

どんなVRコンテンツをプレイするのか

 

これは一番大事かもしれません。

 

なぜなら扱うHMDによっては対応していないVRゲームがあるかもしれないからです。先ほども書いたように、ViveはSteamの会社とHTC社が一緒に作ったものなので当然Steam内のVRゲームのほとんどに対応しています。これとは逆に、Oculusだけに対応したVRゲームはViveでプレイスうことが出来ません。

 

なので、自分がプレイしたいVRゲームが決まっているなら対応するHMDをあらかじめ知らべておき、それにあったものを準備しましょう。

 

ただ、最近はOculusとViveの両方に対応したものが増えてきています。確認はもちろん必要ですが、どちらかを選んだら遊べるゲームが半減なんてことはないので安心してください。

 

 

以上が現在私がHMDを買う際に気を付けている点です。

 

コメント