ENTUM(エンタム)のVTuberメンバーの動画を見たので一挙紹介

YouTube

 

最近はグループ系のVTuberを追っています。好きでやっていることなのですが、いかんせんメンバーが多くて少し調べるのもかなり大変です。そんな中、今回はかの有名なVTuberの「ミライアカリ」さんが所属するVTuber事務所「ENTUM」のメンバーを調べたので一挙紹介していきます。

 

内容は、「実際に動画をみてどう感じたか」、「配信時の印象は?」など経験や私の個人的な価値観に基づいたものとなっています。というのも、基本的な情報はちょっと調べればニコニコのサイトとかで全部載っているので、わざわざここで書く必要もないと思ったからです。さすがENTUM。どのVTuberさんもかなり個性的で、独自のコンテンツをもっていいるので見ていて非常に面白かったです。

 

ENTUMとは

 

ENTUM(公式サイト→https://entum.jp/)はその活動目的として、「眠れる才能の発掘」と眠れる原石を見つけ出しその成長をサポートすることを公式サイトに記載しています。サポートとは、動画作成の手伝い、各種メディアへの対応、コラボ・ベント・グッズの企画、住所の提供などを指します。

 

ENTUM所属のVTuberの動画内での話を聞く限り、ENTUMで主にやってもらっていくことにも、仕事や視聴者からの連絡などに使う住所の提供、情報の共有、コラボの手配、雑務処理などをやってもらっていると言及している方が多かったです。しかし、動画の企画、作成などは今までの動画内容や雰囲気を変えないために、もともと個人でやっていたVTuberはそのまま自身でやっていることが多いようです。

 

個人でやっていると、動画の作成だけで何日も使ってしまい、コラボやグッズ、仕事を受けたりなんかはほぼほぼ不可能に近いです。なので、どこのVTuber事務所も提供しているサービスは大体同じですが、今まで個人がやっていたことのサポートはもちろんこと、コラボ手配やイベントなどを手伝ってくれるのはかなり大きいと思います。

ENTUMメンバー

 

ENTUMのメンバーは2018年8月現在は12人です。どのVTuberも一癖二癖あり飽きないキャラでした。以下ではENTUMに所属するVTuber達の簡単な紹介と、動画を見て感じた印象なんかを書いていきます。

 

ミライアカリ

【検証ドッキリ】どんなゲームでも下ネタ言う説

エゴサが趣味のエゴサの姫で、VTuber四天王の一人に数えられる大物VTuberです。

 

彼女の特徴は、下ネタに寛容なところです。こう聞くと、「おいおい大丈夫かよ…」と思いますが、制止はされるようですし、本人が好きなのでしょうがないです。動画内容ではゲームやコラボに限らず、どこかしらで下ネタを挟んでいますし、「【検証ドッキリ】どんなゲームでも下ネタいう説」では、ものの見事にすべてのゲームで下ネタをいっていました。コラボでは高確率で他のVTuberにセクハラするし、服装からしてもうギリギリだし…。

 

とはいうものの、ミライアカリさんのYouTubeチャンネル「Mirai Akari Project」の以前の動画を見ていた人ならばそこまで驚くことはなかったと思います。先ほども書きましたが、ミライアカリさんの現在のチャンネル名は「Mirai Akari Project」となっています。なので、一見すると、ミライアカリさんから始まったチャンネルのように思われますが、実は名前を変える前は「エイレーン」と呼ばれる人物が運営していたチャンネルだったのです。

 

チャンネル名が「エイレーン」だったころは、エイレーンと呼ばれる女性とその家族や周りの人間や一部人外が2Dで登場していて、言ってしまえば現在の「Live2D」のような感じで動いていました。動画内容は、タイムリーな有名人をいじったり、常人の理解の範疇を超える百合ネタをだしたりと、かなりアウトに近い、というより完全にアウトな内容が盛りだくさんの動画で溢れていました(普通に面白かったですが)。チャンネル名が変わっただけなので、今でも見ることが出来るのでそのハチャメチャぶりが見たい方はぜひ「Mirai Akari Project」のアーカイブを覗いてみてください。

 

エイレーンさんはいなくなったわけではなく今でも、ミライアカリさんの動画内でアドバイスをしたりアカリさんの暴走を止めたりするなどで、本当にたまに登場しています。

 

また、エイレーンチャンネル時代から見ている方は知っていると思いますが、エイレーンさんの動画内で登場するキャラで「萌実」、「ヨメミ」、「夏実萌恵」という方々がいます。彼女たちはエイレーンさんと同じENTUMには入らず、「萌実&ヨメミ」、「夏実萌恵」とで独自のチャンネルを解説しています。

 

ミライアカリさんのキャラは、変に清楚ぶらずに思ったことを反射的に突っ込むキャラなので、「視聴者(特に男性)と共感しやすい」のだと思います。たまに規制が入ったりもしますが、ちゃらんぽらんなありのまま感が個人的にもとてもいいなと感じました。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/user/bittranslate

Twitter:https://twitter.com/MiraiAkari_prj

猫宮ひなた

バーチャルYoutuber『猫宮ひなた』PUBGをやるよ!【#0X】

FPSとTPSが得意な猫耳の女の子です。好きなものはゲームと寝ることで、好きな食べ物はまたたびです。

 

彼女は生放送ではなくすべて録画動画中心の投稿を行っています。動画時間は15分程度と見やすく、コンパクトに編集がされていて個人的にはとても見やすい動画だと感じました。

 

動画内ではPUBGやフォートナイトなどのゲームでほぼ無双状態。一度狙ったら逃がさず必ず仕留め、敵と出くわして一対一の戦いになっても必ず勝つ。FPSのプロではないですが、平気で何キルもするあのプレイが尋常じゃないくらいうまいことはわかります。エイムはもちろんのことだけど、索敵能力が通常よりも高く、だれよりも早く敵を発見し、その行動を予測しているんだと思います。

 

FPSなどの生きたプレイヤーを相手にするシューティングゲームでは、エイム、索敵能力、武器運など様々な要素が必要になりますが、猫宮さんのプレイはその中のどの能力が突出して強いというわけではなく、ほとんどすべてが総合的にかなり高いからあんなにバランスの取れたプレイが出来ていると考えられます。

 

また、彼女の場合は普段見せるプレイがあんなにもすごいのにそれ以外のゲームでは、急に神業プレイがなりをひそめてしまうのがギャップを感じて親しみやすいと感じました。まあ、ゲーム自体は普通にうまいんですけどね。

 

彼女には「実は別の人にゲームをやらせている」という疑惑が上がったことがありました。つまり、猫宮ひなたさんは別の人がプレイした動画にそれっぽく声を当てているだけなんじゃないかということです。個人的にはそんな感じはないしどうでもいいことなのですが、「あんなに可愛くてゲームがうまいなんて話がうますぎる」や「猫宮ひなたは動画しか出してないから裏で何もしていないとは限らない」という考えがあり、未だに「猫宮ゲームプレイしてない説」が漂っているようです。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCevD0wKzJFpfIkvHOiQsfLQ

Twitter:https://twitter.com/Nekomiya_Hinata

届木ウカ

【Beat Saber】夏休みはVRゲームで筋トレ!!【VR LIVE】

デザイン、モデリング、プログラミングなどが得意な1000歳の不老不死の少年です。外見と声は完全に女の子ですが、一応設定では少年つまり男と言及しています。声が女性なのにかたくなに男なのは、本人に「視聴者層に偏りがでないように」という考えがあるそうです。要は萌える女の子キャラだと、男性のリスナーに偏る可能性があるからです。以下、届木ウカさんの二人称は“彼”です。

 

彼は視聴者から送られてきたモデリングを紹介していて、それらを“はく製”として自身の家に置いています。それつながりからか、視聴者のことも“はく製”と呼んでいます。

 

彼はモデリングやUnityを使ったゲーム開発等、技術系のこともできるけっこうスペックの高い子です。初期の動画は、企画、制作のほとんどすベてを彼本人が一人で行っていました。私が彼のことを知ったのは、ENTUMに入ったことを知った時だったのでそのことを知らなかったのですが、これってかなりすごいことなんです。VTuber、とりわけ3Dモデリングを使った動画を作るとなると、システム、デザイン、機材の調達など普通のYouTuberとははっきり言って比にならないほどの手間と時間がかかります。デザイン、モデリング、Unity、その他プログラミングが出来るって、時間とお金を無視したら能力的にはVTuberとして必要なものはほとんど持っているようなものなので、うらやましい限りです。

 

また彼がENTUMに参加した理由は、コラボの準備、仕事を回してもらう、そして新規VTuberを応援するためということですが、企画や動画制作等は未だに一人でやっているそうです。本人は出来ることが広がったというので、おそらくENTUMには、コスト面で実現が困難だったことやその他の技術面で足りないことを補助してもらっているということでしょう。特に機材やステージなど、コスト面でできることは個人運営にはかなり限られますからね。

 

そして彼は現在、Viola(ヴィオラ)という自信のブランドを立ち上げました。VRChatのワールド作成やその他視聴者が利用できるサービスなどを展開していく予定ということなので、とても無理はしてほしくないですが、とてもたのしみですね。個人的に彼のようなVTuberは普通にあこがれているので、これからも活動を頑張ってほしいです。

 

チャンネル;https://www.youtube.com/channel/UCk0dNVAdlgn4ynURwAq_z2A

Twitter:https://twitter.com/todoki_uka

もちひよこ

物理演算で巨大パンケーキを焼いたよ♪(・8・)【015】

自作モデリングで遊ぶ11歳の女性VTuberです。

 

初期の動画は、企画、デザイン、モデリングなどをすべて個人で行っていました。なんでも、VTuberを始めたきっかけは「キズナアイさんにあこがれて」と言うことでしたが、「やろうと思ってやったらなんかできた」というのがすごいですね。動画と生配信の比率は半々です。モデリングが得意と言うことで、動画内では自身のつくったモデリングやモデリング講座などの技術系の内容が中心で、ゲーム実況が少しだけあるという感じです。

 

モデリングと聞くと「なんだか技術的で難しい」、「その手の知識がないと楽しめないんじゃないか」と思われます。しかし彼女のモデリングの動画は、モデリングを作る過程というより作った後にモデリングで遊ぶというのがメインなので、一般の人でもちゃんと楽しめます。自身の作ったモデリングが思うように動かなかったり、バグって意味の分からない挙動をしたりして、四苦八苦している姿も見ていて面白いです。動画時間もいい感じに短くて動画編集もうまいので見ていて飽きません。

 

今は完全個人運営からENTUM事務所に入りましたが、個人からENTUMに入ったことで特に動画の方針や配信内容は変わってはいません。本人も変える気はないようで、事務所に入ることで「技術の共有」や「めんどくさい事務仕事」などを請け負ってくれるようになり、他のVTuberさんとのコラボもやりやすくなったと言うことです。個人でやっていると、もう動画作るので精一杯でしょうからね。彼女の動画は、モデリング勉強中の私も参考にさせていただいているので、ぜひ頑張ってほしいです。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCZ1WJDkMNiZ_QwHnNrVf7Pw

Twitter:https://twitter.com/mochi8hiyoko

花野蜜

【ENTUM】生徒にオススメされたゲームやってみるわ!💕【OUTLAST】

おっとりした女子大生の家庭教師で、将来は先生になるのが夢だそうです。

 

一応、視聴者の家庭教師で先生という設定なので、動画は「花野蜜先生が視聴者に教えてあげる♡」といった趣旨の内容が多いです。ゲーム実況もやっており、他の事務所のVTuberとの交流も積極的に行っています。

 

普段の彼女は「おっとり系お姉さん」のキャラなのですが、実はホラーが大の苦手です。初回のホラー配信「OUTLAST」では、「入るべき建物の入り口で10分間うろうろする」、「タイトル演出にビビって叫ぶ」、「自分のキャラの影にビビる」などの行動でくそ雑魚化してしまい、結局スタート地点から100メートルちょっと移動したところでゲームを終了という感じで終えました。

 

これだけ聞けば、見ていて面白いのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、見ている分には結構面白いです。普段クールを装っている彼女がガチ絶叫する姿はとても新鮮ですし、いつもは彼女に「甘やかされたい」と感じていた視聴者のほとんどがあの時ばかりは「守ってあげたい」と感じたことでしょう。しかも、2回目の「OUTLAST」リベンジ配信では終盤に同じENTUM事務所の皆守ひいろちさんに直接電話をかけて助けを求め始めました。二人してビビって叫んでいる姿は蜜ちゃんには悪いけど見ていて非常に面白かったです。(まあ、OUTLASTは18禁で、人間の局部ががっつり映るから配信自体が危ないゲームだから逆に進まなくてラッキーでしたが…)

 

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCuwpvDAYMV0nV98DQk-W9mQ

Twitter:https://twitter.com/MitsuHanano

皆守ひいろ

【速報】ワイのLINEスタンプが出~!?【ボイス付き】

ENTUM二期生のヒーローになるのが夢の女の子。ヒーローが好きなようで、動画内でもたびたび好きなヒーローのキャラなどについて言及しています。

 

かなりテンション高めのキャラで、輝夜ルナちゃんと声が似ている印象があります。配信は生配信と動画を両立しているようです。テンション高めのボケキャラを動画内でも貫いていて、編集もうまいのでけっこうおもしろいです。特に「LINEスタンプ風画像の配布」の動画の画像使用例がギャグセンス光っていました。

 

勢いで場を乗り切る癖があり、ホラー配信でも困ったら笑いながらとりあえず進むという猪突猛進法をとっていました。私はこういう「勢いとノリで乗り切る」キャラは嫌いじゃなりません。あと、歌もけっこう上手です。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCuGMkxJA_icuiF01u8f3Y2Q

Twitter:https://twitter.com/HeroMinamori

ユメノツキミ

【ENTUM】バーチャルアイドル研修生が、メランコリック歌ったよ♪【初投稿】

アイドル志望の女子高生で、好きなものはお肉ともふもふしたもの。トレードマークはぴんと立った耳とうさぎの首飾り。誕生日は11月23日。

 

動画を見る前は、そのファンシーな衣装から「電波っぽいきゃぴきゃぴしたキャラなのかな~」と勝手に予想していたのですが、本人はいたって普通の子でした(←失礼)。声は見た目とあった可愛い感じの声でしたし、特別ぶりっこしている雰囲気全開ではないので安心してください。おとなしい子です。

 

現在は、録画した動画よりも生配信を中心に投稿しているようです。配信は、雑談やASMR、歌ってみたなどが主な内容です。本人は、歌は得意じゃない的なことを言っていましたが、生放送中で披露する歌はとても上手です。「かっこいい感じに歌う」、「かわいい感じにうたう」などの歌い分けもはっきりできているし、先ほどもいったように動画の内容には歌ってみたが多いので“実は自信がある特技”であることは明白でしょう。

 

また、彼女はYouTube以外にニコニコ動画にもYouTubeで投稿していない、歌ってみたなどの音源を投稿しているようです。歌の感じはやっぱりアップテンポな曲調が好みのようで、今までに歌った曲には「メランコリック」や「金星のダンス」などがあります。

 

今のところは、歌、雑談、ASMRなどが中心ですが、個人的にいずれはゲーム実況もやってみてほしいです。(ゲーム実況好きなので)

 

チャンネル;https://www.youtube.com/channel/UCrxrLyFKqeq3fJh-OkrAn5Q

Twitter:https://twitter.com/TsukimiYumeno

月夜ソラ

ゆでたまごで青春する物語を全力で演じてみた

高校2年生の男の子です。

 

初手笑いましたww。外見はかっこいい感じのさわやかキャラなのに、話し方や言動が完全にギャグに向かっています。声がどこかの実況者に似ていることかが噂されていますが、「動画編集のうまさ」、「初配信でのトーク力」、「声を使った表現力」などを考えると、当の本人ではないにしてもそういう経験があることはある程度予想されます。

 

配信は、生配信は少なめで録画動画が多めです。配信内容は、ネタ動画やゲーム実況などです。ネタ動画は普通に面白いものが多いので、やっぱり動画投稿経験があるのでしょう。中でも演技力をテストするネタ動画では、話している内容は馬鹿っぽいですが確実に何かしらの演技の経験があるような迫力でした。

 

チャンネル;https://www.youtube.com/channel/UCPwSREC85pZ3_ZW1MbEWf9Q

Twitter:https://twitter.com/Sora_Tsukiyo

夜桜カノン

高校2年生の17歳で、夜桜ソラさんの幼馴染です。

 

彼は月夜ソラさんのアシスタントのような立場で、Twitterアカウントはありますが、今のところ自分のチャンネルを持っておらず、ソラさんの動画に月に一度くらいの頻度で登場します。

 

最初に登場したのはソラさんの動画で、ひたすら情緒不安定なソラさんにからまれていました。その後行われた初配信では、「ソラはENTUMのヤベー奴」と認定したりと、ソラさんとの仲の良さが一層際立ったことで一部のENTUMメンバーの先生が興奮したり、カノンさんは「台所のシンクに飲み物や肉を流してしまう天然キャラ」ということが判明したりでけっこうボリュームのある内容でした。

 

また、カノンささんの配信中に「ちっちっ」と音がするなと思ったら、どうやら話している際に舌打ちをする癖があるようで、配信後半は意識して直すようにしていました。舌打ちをするのはあくまで癖で、本人も悪い癖と自覚しており、性格もソラさんに振り回される苦労人キャラなので、不快感は抱きませんでした。今はソラさんの動画にお邪魔する形ですが、いずれは個人チャンネルをもって活動してほしいですね。

 

初配信動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=oY3ZwXV4Hgw

Twitter:https://twitter.com/kanonyozakula

ニーツ/VT-212

【11】物理演算シーソーで遊びます

物理演算と自作ゲームの実況をしている技術系メカチューバ―です。

 

動画内では、物理演算を扱った簡単なゲームなどを作ってそれを作成するものが多いです。かの有名な「壺ゲ―」や「オブジェクトを使った料理教室」、「新しく作った自身のモデリングの紹介」など自身のモデリングや物理演算を使った作品をおしみなく紹介されています。

 

他にもUnity教える講座動画などを投稿していいます。Unityを知らない人やその手の専門的な知識がない人とっては少しわからないと感じるかもしれませんが、VTuberや物理演算を使ったゲームを勉強中の人にはとても参考になる動画です。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCCsZjHDiCgvlZ8VyCQMEYuQ

Twitter:https://twitter.com/VT_212

御来屋 久遠

バーチャルYouTuber御来屋 久遠の自己紹介

動画の雰囲気がすごく好みです。なぜかというと、「化物語」というアニメをご存知の方にはわかると思いますが、彼女の動画の演出がその「化物語」とそっくりなのです(化物語の演出や表現は他のアニメと異なったとても独特なもので一度見たら忘れられません)。はたから見てもかなり大変だとわかるあの凝った動画演出からファンになった方は多いはずです。

 

配信内容は、ゲーム実況や雑談、ASMR配信などを行っており、彼女の動画を視聴するファンたちは久遠の名前に掛けて「くおんちゅー」と呼ばれています。平均して5分前後の動画が多く、生配信は少なめです。もともと動画投稿頻度は少なめで、ENTUMに入ってもそこまで頻度が上がった印象はありません。やっぱりENTUMに入っても動画の撮影や編集は今まで通り個人がやっているということでしょう。

 

また、最近では久遠さんの妹である「御来屋 春秋(みくりあ ひととせ)」なる新キャラが登場したことがTwitter等で話題になっています。久遠さんは「ひととせ」じゃなくて「はるあき」と呼んでいて当の春秋さんに怒られていました。現在はまだ3Dモデルで登場してはいませんが、きっとすぐにYouTubeの動画で登場するでしょう。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCCRZH38F6BkexM6edXkwG8g

Twitter:https://twitter.com/mikuriya_9on

ミディ

【初心者作曲講座】第1話 ブラウザで作曲体験編

作曲の解説や初心者講座を中心に活動モデリングもやっている作曲特化型バーチャルYouTuberです。

 

作曲系VTuberガチ勢で、動画内容のほとんどは音楽に関係するものでした。本人も歌を歌ったりするのですが、どっとかというと作曲がメインです。本人が教える「初心者向け作曲講座」で初心者が作曲するのに必要なソフトや曲の作り方などを教えたり、自身の作った曲などを紹介したりと“歌を歌う”のではなく“歌を作る”ほうに特化したVTuberです。事実彼女の作成した曲は、あの「ときのそら」さんの動画内でOP「あおぞらDays」として使われていて、ほかにも、にじさんじの樋口楓さんとコラボしたときには、配信内で曲内に声を入れる編集過程を見せてくれました。現在すでに「ときのそら」さんや「ミライアカリ」さんなどのVTuber達が彼女の作った曲を利用していますが、おそらく今後はもっと他のVTuberたちの間でも使われるようになると思います。音楽の他にも、雑談やゲーム実況を行っているのでそっちもぜひ見てほしいです。

 

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCs4zWdCrlnXmpVkjOgAHs0w

Twitter:https://twitter.com/mid_midy

コメント