VRアイドル「あんたま」から「えのぐ」が誕生するまで【vtuber】

YouTube

 

どうも。最近はグループ系VTuberを調べている湯川です。今回も「VTuber 企業」とか「VTuber グループ」とかで調べて出てきたVTuberを紹介していきたいと思います。今回紹介するのはVRアイドルユニット「えのぐ」。そう、アイドルです。

 

よくよく調べてみるとVTuberとはちょっと違くて、一応イベント以外のリスナーとの交流手段としてYouTubeにも多くの動画をあげてはいますが、あくまでも“VRアイドル“という立ち位置のようです。

 

もしかしたら「えのぐ」と聞いて、「あんたま」や「コミケ爆死」という単語を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?今だから笑い話で済む話ですが、当時はかなり緊迫していました。今回はVRアイドル「えのぐ」が誕生するまでのお話、その過程で起こった事件などをできるだけ当時の状況が分かるようにまとめてみました。

 

VRアイドルグループ「えのぐ」が生まれるまで

 

「えのぐ」は、2018年の3月からユニット活動を開始した女子高生アイドルグループです。 メンバーは鈴木あんず、白藤環、夏目ハル、日向奈央、栗原桜子の5人組で構成されています。ここからは、この「えのぐ」が誕生するまでの歴史をダイジェストで紹介していきます。私の意見も結構入っているので少し長ったらしくなるかもしれませんが、参考になれば幸いです。

 

岩本町芸能社とは

 

岩本町芸能社は、VRタレントをマネジメントする芸能事務所です。VRタレントとは、仮想現実(VR)を中心として活動するタレントのことです。活動の場がVR上であるので、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)があれば、たとえ家からでも同じ空間で出会うことが出来ます。

 

メンバーの超簡単な紹介

 

彼女たちのTwitterやYouTubeチャンネルのリンクはこの下の「岩本町芸能社の関連リンク」にのっています。

始まりはコミケから【あんたま爆死編】

 

もともと岩本町芸能社には、5人のVRアイドル志望の研究生がいました。それぞれは、鈴木あんず、白藤環、日向奈央、栗原桜子、夏目ハルの5人です。これから彼女たちはVRアイドルとしてのデビューを目指して活動していくはずでした。

 

しかし突然、会社の方針からアイドル部と女優部に分かれて活動することになります。これによりアイドル部は、鈴木あんず、白藤環の2人が、そして女優部は、日向奈央、栗原桜子、夏目ハルの3人で分かれて活動していくことになります。ここで、えのぐの誕生を知るうえで必ず知っておきたい知識があります。それは分裂後のアイドル部、あんずさんとたまきさんのコンビを「あんたま」と呼ぶことです。今後はこのあんたまという単語がずっとでてくるのでそのつもりで。

 

始まりは2017年8月11日のコミケからあんたまが本格的な活動開始するところからです。普通なら「コミケでVRアイドルってどれだけ盛り上がったんだろう」と思うとことですが、なんとこのあんたま、コミケ開催直前まで一切告知がされておらず、当日のコミケでの活動があんたまという存在の初披露という状態でした。つまり、当日コミケに来て運よく見つけた人や、コミケ開催中のあんたまのお知らせに注目していないと気が付くことが出来ないということです。

 

それだけではありません。なんと、あんたまがVRアイドルとしてデビューするにはとある条件が課せられていたのです。その条件とは、「コミケ開催の3日間のうちにTwitterのフォロワー1万人を獲得する」というものです(ひえ…)。

 

なにはともあれ、あんたまはこの鬼畜な条件を達成するために努力します。コミケでは、VR空間を通して客さんとあんたまが交流できるVR体験会を開催したり、YouTube上でもフォロワー1万人達成のための協力要請動画を投稿したりします。で、結果どうなったでしょうか?以下は、コミケ開催から終了までの3日間のあんたまのフォロアー数です。

 

  • 初日100人
  • 2日目250人
  • 3日目400人

 

無理でした(おまけにコミケの2日目の夜に公式Twitterとマネージャー丸茂さんが若干口論する始末)。これは当時の「コミケ開催日が初披露」という状況を考えると、だれの目にも明らかな結果です。正直この短期間でフォロワー1万人は無理があります。マネージャー丸茂の方がおっしゃっていたように、確かにTwitterには拡散力がありますが、数千人を動かすようなことって、よほどのインフルエンサーに拡散してもらうか、偶然が重ならないと期待できません。彼女たちVRアイドルは現在の状況を見てわかる通りとても魅力的だとは思いますが、このコミケ騒動の結果、目的を急ぎすぎてあまりいい印象を与えることが出来ない結果となってしまいました(無念…)。

 

最後のチャンス!あんたまフォロワー1万人計画実現なるか!?【全国行脚編】

 

その後、VRアイドルとしてデビューするための条件を達成できなかったことで、一度はだめかと思われたあんたまですが、あんたまとそのマネージャー丸茂さんは決してあきらめませんでした。しかもその後、皮肉にもあんたまは「コミケで壮大に爆死した」ことで思わぬ方向で話題になり、フォロワーは5千人になります。公式もその後、あんたまにもう一度「フォロワー1万人」のチャンスを与え、再びその活動がスタートします。(一か月後の9月30日が期限)

 

フォロワー1万人を条件にレコード会社からメジャーデビューが決定します。その後中古車を買い「全国行脚」、文字通り全国各地を巡ってVR体験会という形で視聴者と交流することで知名度とフォロアーを獲得するべく活動します(当時のTwitterには旅の様子がこまめに写真付きでツイートされています)。またYouTubeや他の動画配信ツールを使い、配信等を欠かさず行い活動し続けるなど、これでもかというほど精力的に努力します。

#06-2 ハイライト【ボイス】あんたまが行く!全国巡業 〜三重県を振り返って〜

 

しかし、肝心のフォロワー1万人の件なのですがフォロワー数の増え方があまり芳しくありません。Twitter内でもあんたまファンの方々が心配している様子が目立ち始めます。フォロワーさんの中には、あんたまをもっとよくしってもらうために独自にアクションを起こす人も現れます。

 

そんな中あんたま側もまずいと思ったのか、一時的に全国行脚を取りやめ、東京を中心としてイベントやメディアの取材などを行い、フォロワー獲得のために活動するとSHOWROOMの配信にて報告します。その際、丸茂さんはファンに責任を感じたのかなんと「頭を丸刈りする」というトンデモ行動に出ます(おいおい…)。彼なりに責任を感じたのでしょう。責任の取り方が丸刈りなのはちょっと意味不明ですが、本当に申し訳なく思っていることは伝わりました。個人的にはいい判断だったと思います(丸刈りのことではありません)。あんたまと丸茂さん、ここまでがんばってきて最後にもらったチャンスをふいにするのはいただけません。全国行脚に期限はないのですから、一度東京付近でしっかりと力をつけて、余裕が出来たらもう一度始めればいいだけなのです。

 

丸茂さんの判断が功を奏しました。なんと東京方面でも活動によりフォロワーは急増、そしてついに、9月24日の生放送中にフォロワー1万人が達成されました!(よくやった!)。達成した瞬間、収録現場は大盛り上がり。環さんはテンション爆上げで、あんずちゃんはおもわず泣き始め、丸茂さんにいたっては膝をつきしばらくの間立てなくなってしまいました。そして同時に、約束していたユニバーサルミュージックからのCDデビューが決定しました。

 

一万に達成の瞬間はこちら↓

#27-1 5分で分かる♪【あんたま1万人達成の瞬間!】ダイジェスト9/24

 

喜ぶのも束の間…問題は続きアイドル部と女優部の統合【えのぐ誕生編】

 

「これで一件落着。いやーよかったよかった!」と思いたいところですが、この後2018年2月21日、ユニバーサルミュージックのレーベルヘッドから丸茂さんに「あんたまのメンバーを増やしてはどうか」という提案が上がります。

 

つまりは、新メンバーを募集してオーディションをするということです。これにあんたまは「それなら女優部の3人を同じグループにしてほしい」と提案します。当然ですよね。最初にも述べたように、女優部はもともと同じアイドル部として活動するはずでしたし、あんたまも気の知れた友達と一緒になる方がいいに決まっています。なにせよ、「新人を入れる」か「アイドル部と女優部の統合」か、どちらがいいかをファンからの信任投票で募ることになりました。

以下がその動画。「そんなに重苦しい雰囲気にしなくてもいいだろう」と突っ込んでしまいそうです。

【デビューについて】岩本町芸能社から重大報告

 

結果、あんたまの強い思いを汲んだ丸茂さんはこれに「信任投票はせず、アイドル部と女優部の統合」を検討しました。しかし、これには女優部もいろいろ考えることがあったようです。別に嫌だからというわけではありません。何度も言うように女優部はもともとアイドル部志望でしたし、多くの人気を勝ち取ったあんたまと一緒に活動できれば今まで日の目を見れなかった女優部のメンバーも活躍できるようになります。しかし、女優部のメンバーはこれに「あんたまが死に物狂いで勝ち取った今に、いまさら自分たちが横入りしていいのか」と考えます。同じVRタレントして活動しているからこそ、丸茂マネージャーとは別にあんたまの努力とそれまでの苦しみが嫌でも分かってしまいます。

以下が女優部の想い↓

【2月22日】女優部からみなさまへ!

 

それだけではありません。同じような気持ちをあんたまファンも持っているはずです。事実、あんたま結成からフォロワー1万人までの道のりを動画やイベント等で見守っていた古参ファンの中には、この提案に反対する意見が多々ありました。女優部のファンも“女優部で”頑張ってほしいという意見も当然あって云々かんぬん…(これ以上言うとキリがない)と、こんな感じで、「アイドル部と女優部、今までの古参ファンの気持ち、アイドル部とレーベルヘッドに挟まれる丸茂マネージャーの葛藤」、これらの複雑な関係とそれでも決めなければいけないという事実の中、丸茂マネージャーにより「アイドル部と女優部の統合」が宣言されます。

 

個人的にはそれでよかったと思います。確かに今いるファンの意見は尊重するべきですが、アイドル部と女優部の5人がそれでやっていきたいと思えることが大切です。それに何も悪いことだけではありません。メンバーが5人に増えれば単純にできることが大きくなるし、より多くのファン獲得のために大きなアドバンテージになります。また、今までは、昔からあんたまを応援していた古参ファンの目線から話をしていましたが、この事実を知らない新規の見込みファンが覗きに来たとき、5人に増えたアイドル部の方が注目を引くのは明白です。そして、アイドル部と女優部の思いが伝わったのでしょう、最終的に多くのファンがこの事実を受け入れ、やさしく送り出してくれました。

 

そしてそんなこんなで2018年3月8日、アイドル部の鈴木あんず、白藤環、女優部の日向奈央、栗原桜子、夏目ハルの5人で活動を開始することが正式に発表され、2018年3月22日動画内でグループ名が「えのぐ」に決定しました。

以下はグループ名「えのぐ」の発表の瞬間。動画は生放送中の発表される時間から再生されます。

【3月22日】5人のグループ名を発表!? -あんずとたまきはお話ししたい-

 

その後も各メンバーの誕生日イベントを行ったり、初のグループオリジナル曲「えのぐ」が発表されたりと、えのぐ結成前にいろいろあったのがウソのように活躍します。下の動画を見てください。これはVRアイドルえのぐの岩本町劇場プレオープン記念ライブの動画です。もうまんまアイドルってかんじなんです。正直、例のコミケの爆死事件に居合わせた人にこの動画見せても信じてもらえないであろう光景が実現しています。

【スゴすぎる】今夜、バーチャル生ライブの歴史が変わる!【VRアイドルえのぐ】

 

YouTube上での活動は今も精力的に続けており、一週間に2回程度の頻度で生放送をしています。気になる方はぜひ歌だけでも試しに見てください。

 

また、現在えのぐはファンクラブの事前登録を行っています。登録すればえのぐのイベント情報などをいち早く獲得できるので、気になる人は登録してみてはどうでしょう(名前、メールアドレスのみ)ファンクラブ事前登録はこちら↓

えのぐファンクラブ事前登録-岩本町芸能社
岩本町芸能社|芸能、タレント、音楽、アイドル、各種タレント企画ならおまかせください!

 

最後に

 

本来この記事では、話題のVRアイドルユニット「えのぐ」のメンバーを紹介するつもりだったのですが、その過去を調べてみると他のVTuberグループとは比べ物にならないほど、重くドラマチックな事件が出てくる出てくる。あまりの内容の濃さに、えのぐメンバーの紹介をそっちのけで「えのぐ誕生まで」を主軸に紹介してみたくなってしまい、この記事を書こうと思いました。

 

今回は「えのぐ誕生」までをダイジェストで解説する記事なのでここで終わりとなります。しかし、最後に言っておきたいのが、「アイドル部のあんたまも、女優部のみんなも本当によく頑張った」ということです。彼女たちだけでなりません。それを支えてきた丸茂マネージャーも、管理者としての責任とあんたまへの想いに挟まれて、髪の毛を犠牲にしながらも奮闘し続けました。思えば、コミケの爆死からえのぐ誕生まで、あんたまの活動の裏には必ず彼の姿がありました。やっとここまで来た岩本町芸能社、まだまだ課題はありますが、えのぐファン新参者としてこれからも応援していきます。

 

最後の最後に。注意してほしいのが、何分私はあんたまを誕生当初から応援していたいわゆる古参ファンではないので、上記に書いた一連の事件に立ち会ってはいません。なので、情報になにか誤解があるかもしれませんが、その時は遠慮せずご指摘ください。

 

岩本町芸能社の関連リンク

 

岩本町芸能社公式サイト

岩本町芸能社|芸能、タレント、音楽、アイドル、各種タレント企画ならおまかせください!
岩本町芸能社|芸能、タレント、音楽、アイドル、各種タレント企画ならおまかせください!

 

【VRアイドル】えのぐチャンネル

【VRアイドル】えのぐチャンネル
VRタレントをプロデュース/マネジメントする「岩本町芸能社」の公式チャンネルです。 VRアイドルグループ「えのぐ」を"世界一有名なVRアイドル"にすることが目標! 「えのぐ」の生放送番組です。 5人の企画コーナーやフリートークの生放送を週に2回配信しています。 チャンネル登録よろしくお願いします! ☆放送日☆ 毎...

 

【えのぐメンバー】

鈴木あんず(すずき あんず)

Twitter:https://twitter.com/anzu15_225

 

白藤環(しらふじ たまき)

Twitter:https://twitter.com/erimakitamaki

 

日向奈央(ひなた なお)

Twitter:https://twitter.com/hinao_23ku

 

栗原桜子(くりはら さらこ)

Twitter:https://twitter.com/rako_29

 

夏目ハル(なつめ はる)

Twitter:https://twitter.com/haru_neee

 

【俳優部】

馬越健太郎(うまこし けんたろう)

チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC2jBqh7fCEPuTdpwKmxHvjA

Twitter:https://twitter.com/umakoshi_dream

 

 

コメント

  1. ネコ より:

    あんずさんとたまさんのコンビを「あんたま」ってたまさんって誰よ!その女!!