無料VRゲーム『The Lab』をプレイしたので簡単に紹介します【VR体験】

バーチャル VR

 

どうも。最近、VRゲームにはまっている湯川です。今は無料でできる有名どころのVRゲームを中心にプレイしています。

 

今回は、「VRゲーム初心者はこれだけやっとけ」で有名なSteamの『The Lab』をプレイしたので、簡単に紹介していきたいと思います。

 

The Labとは?

 

まずは、『The Lab』のことを知らない人向けに、このゲームがなんなのかを紹介していきます。

 

『The Lab』は、Steamで無料でダウンロードすることが出来るVR体験ゲームです。Labとは”研究所”を意味します。ゲーム内では、とある研究所を中心に「Sling Shot」「Long bow」「Xortex」など、様々なゲームを体験しに行くことが出来ます。弓矢で敵を倒したり、ロボットを修理したり、超王道シューティングゲームをVRで体験したりできます。体験できるゲームは以下の8つです。

 

  1. Sling Shot
  2. Long bow
  3. Xortex
  4. Postcards
  5. Human Medical Scan
  6. Solar System
  7. Robot Repair
  8. Secret Shop

 

対応ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、HTC VIVE、Oculus Rift、Windows Mixed Realityです。(ちなみに私のもっているHMDはVIVEです)

 

Steam『The Lab』のリンク

 

『The Lab』のおすすめゲームを紹介

 

『The Lab』では、いくつかのミニゲームが用意されており、プレイヤーはその中から好きなゲームを何度でも楽しむことが出来ます。ここからは、私が『The Lab』をプレイしてみて、「これはめちゃめちゃ楽しい!」と自信をもってお勧めできるゲームを紹介していきたいと思います。

 

Long Bow

Long Bowは、弓矢を使って城に迫りくる敵を倒すゲームです。プレイヤーは城壁にいて、城壁から矢を引いては打ってを繰り返し、敵をどんどん狙い撃ちします。こちらは、スコアを競うゲームなのでクリアはなく、敵は無限に湧いてきます。また、矢に段数制限はありませんが、城の門には耐久性があり、耐久値をすべて削られるとゲームオーバーです。

 

 

これだけ聞くと「ただ矢を打ちまくるゲーム」のように聞こえますが、実はこれ、けっこう頭と体力を使います。敵は多方向から同時に門に迫ってきますし、装備をしていて一発では倒せない敵も出てきます。また、プレイヤーには、「爆弾たる」や「炎が飛び散る油鍋」などの一撃必殺の攻撃手段も用意されていていますが、有限なのでつかいどころを瞬時に見極めなければいけません。矢を打つにも何度も引いて打ってをするので、腕もだいぶ疲れてきます。

 

こういう、「頭を使って周りの状況を判断しなければいけないけど、矢を打つ手は止めてはいけない」という差し迫った駆け引きには、思わず時間を忘れて夢中になってしまいました。個人的に一番楽しめたゲームです。

 

弓は元あった場所に置くと、別の手で持ち変えることができます。

 

Xortex

 

こちらは、超王道なシューティングゲームのVR版です。こちらもスコア制です。プレイヤーは自身のコントローラーにくっついた戦闘機を操り、周りの敵の攻撃をよけながら倒していきます。ここで私が勘違いしたのが、敵の攻撃をよけるのは「プレイヤー」ではなく「戦闘機(コントローラー)」であることです。筆者はこの手のシューティングゲームに疎くて最初、自分の体に攻撃が当たらないようによけていましたw(実際には戦闘機に当たらなければ、体に当たってもオーケーです)また、攻撃はボタンを押さずとも自動的に出しっぱなしなので、プレイヤーは敵の攻撃をよけながら倒す敵に照準を合わせるだけです。

 

敵の攻撃も多種多様です。よくある丸い玉がゆっくりと近付いてきたり、ビームのようなもので動きを大きく制限させてきたり、追尾型の爆弾を投げてきたりします。

 

相手の攻撃が四方八方から容赦なく来るので、こちらも必死にくらわないようによけ、結構体を動かすことになります。はらはらした臨場感とギリギリの体験ができて、プレイ中はずっと心臓バクバクでした。

 

Sling Shot

 

Sling Shotは、日本語で「スリングショット」いわゆる「ぱちんこ」をするゲームで、”コア”と呼ばれる重厚な球体を球に用います。狙うのは、タワーの中にある青色の箱です。

 

このゲーム、当てるのが結構難しいです。球は基本的に直線ではなく放物線を描いて飛んでいきます。なので、遠くの目標にあたるように上下の角度を計算して打たなければいけません。また、目の前のタワーには爆発物があります。なので、かならずしも目標の青い箱だけを狙うではなく、爆発を起こすことで周りの箱を巻き込みながらプレイするのも有効的です。

 

ここで注意してほしいのが、実際に体験して、さらにその後調べてみてわかったのですすが、現在この「スリングショット」、なぜかSteamの設定言語を日本語にした状態だと遊べないようです。私が日本語の状態で遊んだら球を引く動作ができなくて、その後設定言語を英語にしてから再度挑戦したらできるようになっていました(アップデート等で改善されるといいのですが…)。

 

VR初心者はぜったいやったほうがいい!

 

もし、HMDをもっている方で『The Lab』をやったことがない人は絶対にやった方がいいです。VRならではの3次元空間を存分に使っていて、「ほんとにこれ無料でいいの!?」と目を疑うほど楽しめるゲームでした。ちなみに、VR酔いしやすい私は1時間近くプレイしましたが、まったく酔いを感じませんでした(←これ重要)

 

また、『The Lab』には上で紹介した以外にも様々なゲームを楽しめます。けっこう自由度の高いゲームなので、楽しみ方はプレイヤーの自由です。仲良くなったロボット犬と遊ぶもよし、研究室で弓矢をもって試し打ちするもよしです。

「水金地火木土天海」を並べてみましたww↓

私のかわいい愛犬です↓ものを投げると拾ってきてくれます

 

最後にもう一度言いますが、『The Lab』はVR体験をしてみたい人には自信をもってお勧めできるコンテンツです。子供から大人まで、これぞVRゲームって感じのゲームなのでぜひプレイしてみてください。

 

コメント