【第1回】Blenderで作ったモデリングを紹介【ダックスフント】

Blender

 

Blenderをいじり始めて約一か月くらいが経ちました。バーチャル世界の人間や建物が3Dモデリングで動いていると聞いて現在のBlenderを始めたわけですが、ここで一度「Blenderで作ったもの」を成長記録的なものとして紹介してみたいと思います。

 

一か月の間にショートカットキーを覚えながらだらだら作ったものなので、変に期待しないでください。ただ、簡単に作ったものだからこそ、「これくらいはBlender一か月もたっていない初心者でもすぐに作れる」という目安になると思います。

 

Blenderで超簡単なダックスフントを作った

今回作ったのはダックスフントです。背が低くて胴長で短足で目がクリっとしたあの犬のダックスフントです。正面↑

 

すっごいカクカクで現実味はないですが、なんとなく犬ということは何とかわかっていただけると思います。Blenderをやったことのある人ならわかると思いますが、これには下絵などはありません。完全に一からダックスフントに対する想像と適当な感性で作ったものです。

横からとったもの↓

 

まあでも、これも立派な3Dモデリングです。しかも特別な機能はほとんど使わずに、初心者が覚えるべき機能だけを使って作りました(というかその時は基本的な機能しか知らない)

 

ちなみに基本機能はこちらのサイト「Blenderの易しい使い方」で教えていただきました。写真や動画、gifなどがたくさんついている非常にわかりやすいBlender初心者用サイトです。

 

初めて作ってみたのですが、なかなか楽しかったです。基本機能を確認しながらなのでなかなか進歩しなかったのですが、自分の望むものがだんだん出来上がっていく光景は、なんというかとてもワクワクします。

 

普段は消費するばっかりで創作活動なんて一切やってこなかったので、こういう「ゼロから作る」という体験は新鮮でいいですね。(私は絵も描けないので…)

 

Blender初心者は好きなものを適当に作るのがいい

 

ここでBlenderをやってみて初心者ながら気づいたことがあります。それは「Blender初心者は好きなものを適当に作るのがいい」とうことです。

 

というのも、Blenderはモデリングにおいて非常に高機能なことで有名ですが、機能が多く細かすぎてその操作を覚えるのがかなり大変です。なので、「操作を覚えるため」という目的でBlenderでなにかを作ろうとすると、多分多くの人がめんどくさくなったり、途中で飽きてしまうと思います(私がそうでした)

 

なので、基本的な操作は先ほど紹介したサイトなどでササっと見ておき、それが終わったらさっそく自分でも作れそうな簡単なモデリング体を作り始めるのがいいと思います。すると、完成させることが目的になり、基本操作はその手段となるので、飽きることもあまりなくなると思います。

 

私でいうと、最初はBlenderサイトに書いてるようなものを一緒に作ってみようとしましたが、やってみるといろんなところでつまづいて、そのたびに作業が止まって、しかも作っているのは自分が作りたものとは違う…はっきり言って楽しくない!というかモチベーションが上がらない!

 

なので、最初だからこそ、好きなものを適当にでいいので”とりあえず”作ってみるのがいいと思います。自分のモデリング体ができれば自信につながり、自信ができればモチベーションが上がり、モチベーションが上がればBlenderに対する意欲も上がるということです。

 

ただ、ここで注意してほしいのは、とりあえず適当に作るということです。自分の好きなものを作るので妥協したくない気持ちもわかりますが、あくまでも初心者なので、完成度を求めていたらいつまでたっても完成しません。

 

なので、好きなものを適当に、楽しんで作りましょう。

 

コメント