YouTube上で「底辺Vtuber巡り」というコメントで荒らし行為をする人について

バーチャル VR

 

どうも、湯川です。

最近Twitterで「底辺Vtuber巡りにあった」というツイートをよく目にします。一瞬「なんだこの趣味の悪いネーミングは?」と気になって少し調べてみると、どうやらこの人は、YouTube上で配信をしているVtuberのコメント上で荒らし行為のようなことをしている者のようです。

 

今回はその「底辺Vtuber巡り」なる行為について書いていきます。

 

初心者Vtuberを狙う荒らしだと思う

 

実は私は「アンチは反応すると喜ぶ」という考えを持っているので、このような荒らしには関わらないようにしています。

 

なので当然、このように反応するのも本当はいやです。

しかし、この「底辺Vtuber巡り」について「チャンネル登録者数が少ないし、底辺なのは事実なんじゃない?」と考える人もいるかもしれないので、少しだけ触れておくことにしました。

 

基本的な情報を整理しておきます。

当の荒らし本人は、漢字のみを組み合わせた名前でコメントをしており、新人Vtuberの配信時に「底辺Vtuber巡りしてまーす」等のコメントをします。コメントでは「もっとしゃべれよ」などの中傷や「なんか垂れてみろよボケ」等の煽りをするものが多く、たまに「いい声ですね」などの有効的なコメントもありますが、基本的には荒らしコメントをしているようです。

 

”荒らし”を知らない人のために説明すると、荒らし(あらし)とは、「不特定多数の人間がいるインターネットにおいて、他人が不快に思うようなことを発言する人」のことを言います。他人を不快にさせるということからわかるように、荒らしは当然褒められた行為ではありません。このような行為をすることで中傷を受けた人が傷つくのはもちろんですが、その荒らしコメントに反応する他の人がさらに対立し、最悪コメントが「荒らしとその他との言い合い」のような状態になることもあります。

 

今回の荒らしでは、「底辺Vtuber巡りしています」というコメントにより、当のVtuberさんへ間接的に「お前は底辺である」と伝えることで、Vtuberさんやそのコメントを見ている他の人を不快にさせています。また、Vtuberさんからもその行為について言及されているのに対して、特に反省するわけでもなく、逆に挑発するようなコメントをして煽っています。

 

典型的な荒らしです。

 

しかも先ほども言ったように、この人が言っている底辺Vtuberというのは、全て「チャンネルを開設して間もない新人Vtuber達」なのです。通常YouTube上で動画を投稿してチャンネル登録者数を増やすには、もともと有名で知名度が高くない限り、間違いなく並々ならぬ時間がかかります。むしろ今の人気Vtuberのチャンネル登録者数の伸びが異常なのです。

 

それをさも才能がない底辺であるように言うのは、見ている人に誤解を与えかねない行為です。また、被害にあったVtuberさんの中には気丈にふるまっている強い方もいましたが、人知れず傷ついている人もいるでしょう。荒らし本人は愉快犯のような気持ちでやっているのでしょうが、決して看過されていい行為ではないのです。

 

仮にみなさんがこのようなコメントを見たときは、「決して反応せず、いないものとして扱う」ようにしてください。多くの荒らしは、「好きな子にはちょっかい出したい」心理と似て、反応が得られることに喜びを見出しているようなので、無反応でいるのがいいでしょう。また、あまりにひどい態度だった場合は通報を考えてもいいでしょう。

 

ということで、なんだか荒らしの基本情報が多くなってしましたが、今回の初心者Vtuberを狙った非常に悪質な荒らしには無反応を貫くのがベストということでした。

 

平和が一番ですよ~

 

コメント