ブログ初心者はミドルワード、スモールワードを狙え?

ブログ運営

 

ブログ初心者、ブログを育てている途中の方、「自分の書いている記事をどうやって検索結果上位に表示させるか?」

 

そんなことを考えて、一度はビックワード、ミドルワード、スモールワードなんて言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

そして多くの人が、まだブログを始めたばかりのひとは、記事のタイトルではミドルワードやスモールワードを狙っていくように聞かされていませんか?

 

なぜそのように言われるのか?

今回は、ビックワードやミドルワード、スモールワードの意味とその理由を解説します。

 

ビックワードとは

 

検索ボックスに入れる言葉のうち、1つだけの単語のことです。

言い換えるとただの単語です。

 

例えば

 

  • 釣り
  • 学校
  • 美容
  • 書籍

 

とかです。ビックワードの特徴としてそれ単体で検索をかけるとかなり大きな量の検索結果が表示されます。

 

ミドルワードとは

 

ビックワードにもう一つ関連する単語を付け加えたものがミドルワードです。見た目は2つの単語が並ぶ形になっています。

 

例えば、

 

  • 釣り 場所
  • 学校 行事
  • 美容 おすすめ

 

とかです。

キーワードが2つになった分絞り込まれるので、ビックワードに比べて比較的少ない量の検索結果が表示されます。

 

スモールワード

 

ミドルワードにさらに単語をくっつけたもののことをスモールワードといいます。

 

見た目は3個以上の単語が並んでいる形になります。3つ以上の単語なので4つでも5つでも3個以上の単語を並べていればスモールワードになります。

 

例えば、

 

  • 釣り 場所 おすすめ
  • 学校 行事 日程
  • 美容 おすすめ 値段 比較

 

とかです。

 

検索結果の量に関してビックワードとミドルワードはどちらもかなり多いですが、スモールワードからかなり少なくなってきます。4つ以上になると千前後の量になります。

 

なぜミドルワードやスモールワードを勧める?

 

一言でいうとビックワードは競争率が高く、弱小ブログが狙うのは難しいからです。ビックワードとスモールワードのメリット、デメリットを一応書いておくと

 

  • ビックワード

メリット:多くの人の目に触れるので膨大な量のアクセスが期待できる

デメリット:上位表示が難しく、コンバージョンが低くなる

 

  • スモールワード

メリット:力のないブログやサイトでも上位表示が見込める、コンバージョン有利

デメリット:そこまでアクセス数は期待できない

 

ビックワードは、検索エンジンを使う人が何かしらを検索する際に一番最初に検索するワードです。大抵のことは知りたいことの一単語を検索すれば出てきますから。

 

つまり、多くの人が検索する際に使用するのがビックワードなのです。

 

もうわかると思いますが、ビックワードを制することが出来れば膨大なアクセスを約束されたようなものです。だからこそ、みんながみんなこのビックワードで自分のブログを上位表示させようと必死です。

 

しかし、星の数ほどあるブログやサイトがビックワードによる検索結果上位表示を狙い、実際に上位表示されるのはわずか10件ほど。そんな中に弱小ブログがおどりでて太刀打ちできるでしょうか?

 

よほどのことが起きない限りあり得ません。なので、ブログを始めたばかりの人はまずミドルワードやスモールワードを狙います。ミドルワードやスモールワードは2個以上の単語を組み合わせたもので、種類も豊富にあり、競争率もビックワードに比べたらかなり低いです。

 

うまくワードを選びさえすれば、始めたばかりでも上位表示されるなんてことも、あり得ない話ではありません。

 

もし検索結果の総数が少ない掘り出し物のワードの組み合わせを見つけ出せたらラッキーです♪

競争率がそれだけ少ないと言うことですから。

 

ビックワードとスモールワードでどのくらい違いが出るのかの顕著な例をご覧ください↓

 

ビックワード「釣り」で検索

 

43,500,000という膨大な検索結果総数が出ました。

 

そこでスモールワード「釣り 場所 イラブチャー」で検索(イラブチャーは魚の名前)

 

 

11,300という検索結果総数が出ました。

どうです?激減したのが分かるでしょう?

これであなたのライバルは、最初の検索結果の0.026%まで減少しました。(あくまで例です)

 

かなり極端な例でしたがスモールワードの威力を実感していただけましたか?

 

また、ミドルワードやスモールワードを記事のタイトルに含むことで、「このワードを選ぶ人は、いったいどんなことを望んでいるのか?どんな意図があるか?」など想像することが出来て、相手の意図に一致した内容の記事を書きやすくなります。

 

 

例えば、上の画像から言うと「釣り」だけを狙って記事を書くとすると、釣りの何を書けばいいのか分かりません。しかし、「釣り 場所 イラブチャー」ならイラブチャーが釣れる場所を記事に書けばいいんだなとわかります。

 

そしてビックワードを選ばないほうがいい理由はまだあります。ビックワードは多くのアクセスを期待できると先ほど説明しましたが、それは必ずしも最高とは言えません。

 

例えば、ここに「商品目A」とたった一つの単語で検索をかけてくる人がいます。次に「商品名A 値段 比較」と検索をかける人がいます。どちらの人が、より購買意欲があるでしょうか?

 

もちろん後者です。このようにビックワードに集まるユーザーは比較的に購買意欲が薄い傾向があり、膨大なアクセスのわりに成約率が少ないなんてことがあります。

 

もちろん、膨大なアクセスだけでも単純に知名度アップや他記事への流入など多くの恩恵を得ることが出来ます。

 

なので、自分のサイトやブログがある程度成長したらビックワードを狙うという感じがちょうどいいと思います。

 

以上、「アフィリエイト初心者はミドルワード、スモールワードを狙え?」でした。

コメント