Google Chromeのトップページに出てくるハロウィン限定ゲームをプレイしてみた

ゲーム

 

どうも。

突然ですが、Google Chromeのトップページっていろんな画像が張られていますよね。

 

基本的には有名な「Google」のマークがあるだけですし、そもそもトップページなんて最初に表示されるだけなので、もしかしたらそこまで印象に残らない人もいるかもしれません。

 

しかし、実は知らないうちにちょこちょこ変わっていて、その期間にマッチした絵が表示されていることが多いです。

 

今回はハロウィン期間限定でGoogle Chromeのトップページでゲームができるということなので、それを紹介していきます。

 

Google Chromeのトップページのゲーム【ハロウィン期間限定】

 

何か特別な設定とか必要ないみたいです。

オンライン対戦するゲームなので、強いて言えばオンライン環境があることですかね。ちなみに私はゲーミングPCの有線環境でプレイしています。

 

クリックすると始まり、上の画像のように火の玉の見た目のゴーストを操ってプレイします。

 

このゲームにはセーブ機能がないので、ブラウザを閉じると初期化されて再びチュートリアルが始まります。チュートリアルのスキップ機能はそのためです。

 

 

操作は簡単、マウスまたはキーボードの十字キーを使ってゴーストを動かすことができます。

 

ゲームの趣旨としてはステージ上にある青い火の玉を集めていく単純なゲームです。

 

 

しかし、敵プレイヤーに自分の集めた火の玉を触れらてしまうと、触れられた分だけ火の玉を奪われてしまいます。

 

しかし、奪われた火の玉はもう一度奪い返すことができます。敵の火の玉を同じように触れることで火の玉を奪い返しましょう。

 

 

集めた火の玉は自分の陣地に持ち帰ることができます。陣地にある火の玉はもう奪われることはないので、新たな火の玉を探しに行きます。

 

そして、ゲーム終了時に陣地にある火の玉が一番多いチームの勝ちです。

 

 

チームはランダムでマッチングされた4人1組のチーム戦です。

ゲーム終了時には自分のとった火の玉の数を見ることができます。

 

感想

 

思ったよりかなり面白かったです。

 

動かし方が単純なので誰でもすぐにプレイ可能ですし、チーム戦なので協力プレイすることもできます。

 

また、火の玉を自陣に多く持ち帰ると、特殊なスキルを使うことができます。例えば、「磁力」は直接触れなくても周りの火の玉を勝手に回収してくれる便利スキルです。

 

「加速」は、スピードが上がり、「暗視」はよくわかりません。多分暗い所にある火の玉が見やすくなるのかな?

 

そして、実際にプレイしてみてわかったのですが、火の玉を持つプレイヤーと対峙すると、十中八九火の玉の奪い合いになります。

 

しかもこの時、一度奪って自陣に持ち替えようとしても振り返った瞬間にすぐに相手に玉に触れて奪われてしまいます。

 

そして自陣に戻ろうとする敵に、こっちもすかさず奪い返します。そして、1対1だとその奪い奪われの決着がいつまでたってもつかず、無限ループに陥ってしまうのです。

 

ひどい泥試合になります

この時、味方が1人でも多くいれば2人がかりで玉を奪うことができるので、もしこの1対1の泥試合を見かけた場合は積極的にサポートしてあげたほうがいいです。

 

また、フィールドにある火の玉は割とすぐになくなってしまうので、序盤は本当にプレイヤー同士の火の玉の奪い合いになります。

 

なんだったら、ゲーム開始直後に相手陣地の前に待ち伏せして、玉を持ち帰ろうとしている敵プレイヤーを狙うキャンパーみたいなやつまで出てきます。

 

といことで、ほのぼのゲームというよりかはけっこう集中力を使うエキサイト系のゲームでしたが、インストールも必要ないですし、いつでもやめることができるのでとてもとっつきやすいゲームでした。

 

もしこんな感じのゲームがこれまでにも公開されていたなら、惜しいことをしました。これを機会に、Google Chromeのトップページにあるタイトル画像にも注目していきたいです。

 

では。

 

コメント