クローラーとは?SEO用語を簡単解説

SEO

 

SEOについて勉強していくと本当にいろいろな知識が入ってきて嫌になってしまします。あるあるは、あることについて調べていたら、それを知るためにさらに別のことを調べなければいけないという現象。

 

しかし、勉強は調べてなんぼです。頑張りましょう。

 

今回は、そんな皆さんの助けになればと、「クローラー」についての基礎知識を解説していきます。ただ、あくまで基礎知識なので”何かツールを使って”などの面倒なことはしない予定なのであしからず。

 

クローラーとは

 

インターネット上を巡回して、ファイルを集めるGoogle製のロボットです。

 

このファイルというのは、ブログやサイトのページなどが含まれます。

 

このクローラーは集めた情報をGoogleの情報倉庫(データベース)に貯めていきます。

この作業を”インデックスする”といいます。

 

このデータベースに自分のページが入れられると、Google検索結果に表示されるようになります。

 

クローラーを巡回させるためには

 

サイトを立ち上げたばかりの人は、このクローラーを呼び込んで自分のサイトを検索結果に入れてもらう必要があります。

 

しかし、生まれて間もないサイトはクローラーからは見つけづらいので、こちらから見つけやすくしてやる必要があります。

 

この時、クローラーの巡回しやすさ、ページのみつけやすさを「クローラービリティ―」と呼ぶので覚えておきましょう。

 

クローラビリティ―をよくする簡単な方法(変登録とかがいらない)は有名なもので

  • 内部リンク
  • こまめな更新
  • 被リンク

 

内部リンク

 

自分のサイトにクローラーが訪れたとき、リンクが張ってあればそのリンク先にもクローラーは行くので、自分のサイトのページを別のページにつなげることでより多く自分のサイトを巡回してもらえるようになります。

 

しかし、不自然な内部リンクはダメです。

 

例えば、あまり多くの内部リンクをいっぺんに張るのはNGですし、何の関連性のないページ同士でリンクを張るのも、そういう不自然さは検索エンジンにはバレバレなのでNGです。

 

こまめな更新

 

こまめな更新をするとその分、クローラーは頻繁にそのサイトに巡回しに行くようになります。というのもクローラーは毎日様々なサイトを巡回しているので、更新頻度の多いサイトは「お!ここは更新頻度が多いな~。ならば明日来たらまた新しい投稿があるかもしれない」と考えてくれるようになるからです。

 

そうすると、クローラーが自サイトに来る頻度が上がるので、まだインデックスされていないページにクローラーが行く可能性が高まります。

 

逆もまたしかりで、更新頻度が低いサイトにはクローラーもあまり積極的には巡回に来てくれません。するとせっかく投稿した記事などもインデックスされにくくなります。

 

こまめな更新には、新記事投稿だけでなくてもリライトなどの細かい修正や改善も含まれるので、時間がないときは簡単なリライトなどでも出来る限り行いましょう。

 

被リンク

 

他人からリンクされることを被リンクと言いますが、これをされることで他のサイトからもクローラーがやってくるので、これも自分のページがインデックスされる可能性が高まります。

 

また、他のサイトからリンクをもらうということは、その分価値があるということでSEO的にもいいのです。

 

自分のサイトがインデックスされているかどうかを見分ける方法

 

一番簡単な方法を教えます。実は、自サイトがインデックスされているかどうかを確認する方法は複数あるのですが、そのほとんどはなんらかの無料登録を必要とするものです。

 

そういった面倒なことは極力したくないと思うので、一番簡単な検索するだけでわかる方法

「site:自サイトのURL」で検索します。

 

これだけで、自分のサイトがGooogleにインデックスされているかどうかを確認することが出来ます。この時自分のページが表示されればインデックスされているということです。

 

例えば、私の当ブログを検索たい時は「site:https://yukawano.net」と検索ボックスに入力すれば、ホームページが出てきます。自分のサイトやブログがインデックスされているかどうかを手っ取り早く確認したいときは試してみてはどうでしょう。

 

 

以上、「クローラーとは?SEO用語を簡単解説」でした。

コメント