ブログ運営のPDCAサイクルとは?簡単解説

ブログ運営

 

PDCAサイクルって聞いたことありますか?実はこれをいかに速くまわすかが、ブログで成功するための秘訣だったりするんです。

 

それだけでなくPDCAサイクルはブログやサイトを運営する際に限らず、様々なとこ所でも活用できます。今回は、そのPDCAサイクルについて解説していきます。

 

PDCAサイクルとは

 

PDCAとは

Plan DCheck  Acttion のそれぞれの頭文字をつなげた言葉で、物事を計画(Plan)、実践(Do)、評価(Check)、行動(Acttion)する一連の流れです。

 

ブログ運営においてのPDCAサイクル例を一つ挙げると

 

  • Plan:ブログのアクセスアップ方法を思いつき、それを実際にどうやるかを計画
  • Do:実際にブログで実施
  • Check:ユーザーの反応を見て、うまくいったか、何か足りない点があったか、あるとしたらどうすれえばよかったかを評価する
  • Acttion:改善できるところを直す

 

これを繰り返すことで、ブログやサイトはどんどん成長していきます。

 

PDCAサイクルで大事なこと

 

特に、PDCAサイクルにおいて、計画(Plan)から実施(Do)までの速さが重要とされています。

 

それは、多くの人がこんなことをしたらいいのではと、考えつきはするのだが、それを実際にやるとなると躊躇して、計画から実践するまでが長くなることが多いからです。

 

間違っていることは評価(Check)のところでまとめて洗い出されます。なので、躊躇するのは時間の無駄なのです。

 

ブログやサイトを大きく成長させることが出来る人は、この計画(Plan)から実施(Do)までの期間が短く、とにかくやってみるといういわゆる”チャレンジ精神”のようなものを持ちます。

 

なのでこのPDCAサイクルを実施する際は、計画(Plan)が整ったら、すぐに実施する(Do)を意識しましょう。

 

 

以上を踏まえてさらに詳しい例をブログ運営に関してあげると、

 

  • Plan:あるテーマに関した充実した記事を計画する

 

  • Do:すぐに実際に記事を作って投稿する

 

  • Check:数日後、アクセス数を見て評価する

 

評価の結果、どうやら狙っていたテーマについての記事は書けていたが、タイトルと記事の内容のペルソナ設定が食いちがっている様子。

ユーザーは読んでいるうちに「タイトルをみて訪問したけど、内容は思っていたのと違うみたいだ」と感じて、すぐに出て行ってしまったようだ。

つまり、改善するためには、「タイトルと記事内容のペルソナの一致」であることが分かる。

記事内容はかなり充実しているから、タイトルを記事のペルソナに合わせて変更しようと考える。

 

  • Acttion:そのとおりに改善してみる

実際に記事内容に合わせたタイトルに修正する。

 

多くの人は、いったん記事を作って投稿したらそのままで、あまり見返したりはしないようで、肝心の評価の部分をしないので改善のしようがあってもされていないことがほとんどです。

 

 

上の例でも分かるように、最も頭を使うのは評価です。とても難しくはありますが、その分とても重要で、問題解析力を養うことが出来ます。問題解析力が付けば、あらゆるもんだに対しての順応力が付き、成長は止まることを知らなくなるでしょう。

 

これからブログやサイトを運営するぞ、という方はこのPDCAサイクルを意識した運営をすると、自分の中でどうすればおおくのアクセス数を得られるか、実際に体感しながら、成長できるので、いい経験になります。

 

また、評価はこまめにやらなくても、一週間の終わりにまとめてやるでもいいですしね。

 

以上、「PDCAサイクルとは?簡単解説」でした。

コメント