Search Console のGoogle AnalysticとWordPressを使っての登録法

SEO

 

作ったばかりのサイトやブログはなかな検索エンジンにインデックスされにくいです。だったらこっちからインデックスしてもらえるように、行動しましょう。

 

今回は、そのためにGoogleのSearch Console(サーチコンソール)の登録の仕方を解説していきます。なおこの記事では、Googleのアカウントの事前取得が必要です。そちらも簡単に取れるので安心してください。

 

そもそもSearch Consoleとは?

 

サーチコンソールの機能はたくさんあります。

 

わかりやすい例を挙げると

  • 新しくできた記事はインデックスされにくいが、検索エンジンに直接知らせることで、インデックスさせることが出来る。
  • ブログやサイトの訪問者がなんのキーワードで検索して訪ねてきたかがわかる
  • 内部リンクの数が分かる

などです。

 

ブログやサイトを運営する人間はこれらの情報を使って、自ブログを改善したり、ユーザーの反応をうかがったりします。

 

登録の仕方

 

今回はグーグルアナリティクスを使って登録します。なので、この方法ではGoogleアナリスティックのアカウントが必要ですが、もちろんアカウントなしの方法もあります。

 

まず、サーチコンソールの公式ページに行きます。

 

 

上のような画面が出てくると思うので、自分のブログやサイトのURLを入れて「プロパティーを追加」をクリックします。

 

すると、そのサイトが本当にあなたの物かどうかを確認するための本人確認を要求されます。本人確認にはいろいろ方法がありますが、今回はアナリスティックのアカウントを持っている前提なのでアナリスティックで確認してもらえば特に何か入力する必要はありません。おすすめ確認法で出てくると思います。

 

出来たら、本人確認が完了したという文字が表示されるはずです。

 

 

続いて、続行をクリックすると、管理画面に移動するので、サイトマップのところをクリックします。サイトマップを追加していない状態のときは「サイトマップがありません」という表示があると思います。

 

↑こんな感じにサイトマップがありませんと表示されているはずです。

 

そしたら、「サイトマップがありません」のボタンをクリックしてください。そうすると下のようなページに移動します。

このサイトマップを追加してGoogleの検索エンジンに送信することで自分の更新した記事をインデックスしてもらえます。なので、これからサイトマップを作成します。

 

そのためにはサイトマップ作成ツールを使う必要があるので、一度WordPressの「プラグイン」に移動します。

 

そして、プラグインの新規追加から「Google XML Sitemaps」と検索して、さっそくGoogle XML Sitemapsをインストールして有効化します。

 

その後、サイトマップの詳細を設定した後に作成するのですが、下の通りかなりめんどくさそうな感じです。各設定の説明のそこかしこが英語で、今すぐ日本語にしてくれ~という感じです。

 

これに関しては、私が初めて実施したときにこちらのページが非常に参考になったので、自信ないという方はどうぞ。有名な「さるわか」さんという方が図解入りで説明してくれています。

https://saruwakakun.com/html-css/wordpress/sitemap

 

このページを見た人はもう最後まで行っていると思いますが、一応確認までに↓のような表示があれば大丈夫です。

 

登録したばかりだと、まだインデックスが保留になっています。実際にインデックスされて反映っされるまでには時間がかかります。なので、一週間おいてまたみればまとめてインデックスされているかもしれません。こればっかりはGoogleのびみぞ知るというやつです。

 

以上、「Search Console のGoogle AnalysticとWordPressを使っての登録法」

コメント