バックリンクって何?SEO用語を解説

SEOについて調べていると、いろいろな用語が出てきます。その中にはリンクに関するSEO対策も多数存在し、「被リンク」「発リンク」などが有名です。

 

有名すぎて被リンクや発リンクなどについては、説明するまでもなく知っていると思いますが、バックリンクという単語はいまいち知っている人は少ないと思います。ということで今回は、バックリンクについて簡単に解説していきます。

 

バックリンクとは

 

バックリンクは聞きなじみがないけど、被リンクは聞いたことあるという人は多いはずです。

 

被リンクとは、「自分のサイトが他人のサイトに張られたリンク」で、その意味の通り、他人からリンクを被るということです。

 

なぜ被リンクの説明をしたのかというと、バックリンクとはこの被リンクのことだからです。

 

例えば、他のサイトがあなたのサイトを見て「参考になるから、読者におすすめしよう」を思い、あなたのサイトに向かってリンクを張ったら、あなたは「被リンクをもつ」「バックリンクをもつ」という状態になります。

 

ちなみに、あなたが他のサイトへのリンクを張る場合、そのリンクは「発リンク」と呼びます。

 

バックリンクのメリット

 

昔は、このバックリンクが多いほど、つまり他人から多くのリンクを張られているほど、SEO上良いという傾向がありました。

 

実際Googleは、バックリンクを多く持つサイトは、価値のあるサイトであると認識して高く評価して、検索結果上位に表示します。

 

バックリンクの多いサイトとはつまり、多くの人が参考にし、多くの人の役に立つ質の高いサイトということを意味しているからです。

 

今もバックリンクが多いとSEO上は有利ですし、検索結果にも影響があります。

 

しかし、どんなバックリンクでもいいというわけでもなく、Googleの検索エンジンの好む条件を満たしていなければなりません。

 

正しいバックリンクを得よう

 

さっきも書いたように、ただバックリンクが多ければいいということではなく、自然なバックリンクである必要があります。

 

じゃあ、自然なバックリンクって何?

と思うかもしれません。

 

それを説明するために、まず不自然なバックリンクの例を挙げます。

 

  • 全く違うテーマからのバックリンク
  • リンクだけのページからのバックリンク
  • 機会によって自動生成されているバックリンク
  • 自作自演のバックリンク

 

まず、全くテーマの異なるサイトからのバックリンクは価値のないものとみなされます。

 

この場合は、別にあなたのサイトにリンクを張ったサイトが悪いと言うことでなく、検索エンジンがそういった「関連のないサイトからのリンクだから価値を評価することはできない」という傾向があるというだけです。

 

リンクだけのページからのリンクも価値がありません。だって、リンクだらけのサイトなんて不自然すぎますからね。

 

そうすると、そのリンクをいっぱい張り付けているサイト自体に価値がないと評価されるので、価値のないサイトからのリンクもまた価値がないとみなされます。

 

また、機械によって自動生成されたリンクなんて論外です。

 

つまり、人の手が加わらず、無作為にやっている可能性がかなり高く、検索エンジンはそういうリンクをかなり嫌っていて、場合によってはサイトにペナルティーを課します。

 

しかも、自動生成リンクに関しては、たとえ自分のサイトが悪くなくても、ペナルティの流れ弾のように、自サイトにも悪影響が出ることがあります。

 

悪者によって支持されている人は一般的に見て、悪者をとらえられるのと同じです。

 

たまったもんじゃありませんよね?

 

なのでこう言った悪質なバックリンクは早々に対応しておかなくてはいけません。

 

 

自作自演のバックリンクは、例えば、わたしが自分のAサイトを検索結果上位に表示させたいがために、別のBサイトを作ってAサイトへリンクを張るという行為ですが、これも検索エンジンはしっかりと見向くので無意味です。

 

 

どうですか?

 

このうちの一つでもやってみようと思いますか?

 

嫌ですし、面倒くさそうですよね。

こんなことする時間があるなら、記事を投稿するわ!

 

以上を踏まえて、自然なバックリンクとは何かというと、自分のサイトと関連のある普通にサイト運営をしているところからのリンクです。こういうバックリンクはしっかりと評価されます。

 

 

また、もしあなたのサイトが有名なサイトやバックリンクを複数持つサイトからバックリンクをもらう場合は、「あなたは価値あるサイトから参考にされたので、それと等しいまでの価値がるのでしょう」と検索エンジンに評価されます。

 

超有名なグルメ家に評価された料理店は、当然翌日から大人気ですよね。

 

あれと同じ原理で、行ってしまえば口コミのようなことが起きているのです。

 

逆に、先ほども書いた通り、意味のないサイトからのからのバックリンクには何の価値もありません。

 

今も昔もバックリンク(被リンク)の数はSEO対策上重要なのは変わりませんが、昔より厳しい条件が付けられており、数ありゃいいというものではなくなっているということです。

 

以上、「バックリンクって何?SEO用語を解説」でした。

 

コメント