パンダ?ペンギン?Googleのアップデートを解説

SEO

 

SEO対策を勉強していると、かたっぱしからいろいろ試したくなります。

 

しかし、かたっぱしからやればいいというわけではなく、Googleの検索エンジンについて知らないままSEOに臨むのもあまりお勧めしません。

 

なので今回は、Googleについての基礎知識として、「ペンギンアップデート」と「パンダアップデート」について解説していきます。

 

ペンギンアップデートとは

 

ペンギンアップデートはサイトのリンクに対してのアップデートです。

 

昔のGoogleでは、大量のリンクをサイトに張り、意図的に相互リンクを量産し、自作自演で被リンクを張ることが横行していて、驚くことにそれで自分のサイトを検索結果上位に表示することが出来ていました。

 

今やったら、即ペナルティーですよ。

 

なので、そういった悪質なリンクに対しては、検索結果を下げたり、ペナルティーを与えるなどのアップデートをしました。

 

それが、「ペンギンアップデート」です。

 

ペンギンアップデートは2012年4月に開始され、現在でも行われており、新しいアップデートが常になされています。

 

パンダアップデートとは

 

パンダアップデートはサイトの内容とその質に関してのアップデートです。

 

ペンギンアップデートがリンクなのに対して、次は肝心の内容です。こちらは、同じく2012年に実行され、現在でも随時アップデートされ続けています。

 

こちらのアップデートの対象となるサイトは、

 

  • キーワードを詰め込んでいるだけのサイト
  • 他人の記事の内容を写しただけのサイト
  • 内容が薄っぺらいサイト

 

などです。

 

こちらのサイトも、昔は検索結果上位表示が可能でした。

 

しかし、パンダアップデートがなされると、そういったサイトはすぐに検索結果から除外されるか、かなり低順位まで下がりました。

 

キーワードを無駄に詰め込んだりした悪質なサイトがGoogleに摘発されたのです。

 

まとめ

 

中には、「アップデートでよりSEOで検索結果での上位表示を目指すのが難しくなったのでは?」と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、このアップデートで、悪質なサイトが排除されると同時に、本来良質でしっかりしていたサイトが相対的に上がったり、しっかりした評価の元検索結果の上位に上がることのできたサイトもあります。

 

あなたのサイトの検索結果の順位が2位だったとして「1位のサイトはどんなものなんだろ?」と開いてみると、サイトのあちらこちらにリンクがびっしり張られていて、狂ったようにキーワードが乱発されていたとしたら、どうですか?

 

普通は、不快に思うでしょう。

 

私だったらキレます!

 

しかし、そんなことがあったのが昔です。

 

当たり前のことをして、それを当たり前のように評価してもらえる今が恵まれているように感じます。

 

また、たまにGoogleから誤判定のペナルティーを受けたというのを耳にすることがあるように完ぺきではないようです。

 

なのでGoogleのアップデートはまだまだ終わっておらず、こうしている今も進化しています。またペンギンとパンダ以外の新しいアップデートがあるかもしれません。

 

少なくとも、普通にやっているサイト運営者にとっては害がないものがほとんどだと思いますが。

 

 

以上、「パンダ?ペンギン?Googleのアップデートを解説」でした。

コメント