ブラックハットSEOとは?簡単解説

SEO

 

SEO対策。

私も日々どうすればSEO対策として有効化などを調べる毎日です。

 

しかし、なんでもやっていいわけではありません。SEO対策にはやっていいSEO対策とやっていいSEO対策があります。今回は、そんな話に関連して「ブラックハットSEO」というものを書いていきます。

 

ブラックハットSEO

 

ブラックハットSEOと聞いて、なんだかいいイメージがわかないかもしれませんが、その通りです。

 

ブラックハットSEOとは、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に反する、または禁止されているSEOを行うことで、つまり、今Googleに見つかれば、ペナルティーの対象になるようなSEOです。

 

具体的には、

 

  • リンクの売買
  • 隠しリンクやテキスト
  • キーワードの乱用
  • 相互リンク集
  • クローキング

 

などです。

 

基本的にGoogleはリンクの売買などのお金が絡むことを嫌う傾向があります。

 

なので、被リンクを増やしたいがために、他人からお金を払ってリンクを張ってもらうことは、ブラックハットSEOです。

 

 

また、隠しリンクや隠しテキストはユーザーから見えないようにリンクやテキストを配置することです。

 

SEO上は有効だが、そのまま行うとユーザーが不自然に感じてしまう時、それをユーザーに見えないようにすることで、検索結果上位を狙うことです。

 

キーワードの乱用は、記事内に不必要にキーワードを使いまくるので、SEO対策としては有効でもユーザーからしたら何度もおんなじ単語を出されて疲れてしまします。ユーザーを第一に考えるGoogleからしたら、明らかにNG行為です。

 

相互リンク集は、相互リンクが一つに集められてたページです。

相互リンクは、「あなたのページをリンクするからこっちのページもリンクしてね」という感じで、お互いが被リンクを獲得したいがためにお互いにリンクしあうことです。

 

こういった意図的に検索エンジンを操作するために、張られたリンクはGoogleに嫌われます。

 

クローキングとは、とあるURLをクリックしたとき、ユーザーとクローラーに別々の内容を見せることです。この時重要なのは、ユーザーとクローラーに別々の内容を見せることが出来ることです。

 

つまり、ユーザーに有効的なページとクローラーに有効的なページを別々に見せることが出来るのようになります。

 

いわゆる八方美人のようなことがを無理に出来るのです。

 

今あげた例は、どれもGoogleに嫌われることなのでしてはいけません。

 

ホワイトハットSEO

 

ブラックの逆はホワイト。

 

ブラックハットSEOとは逆の意味を持つのがホワイトハットSEOです。

 

ホワイトハットSEOはGoogleのウェブマスター向けガイドラインに沿ったSEOなので、しっかりとGoogleに評価してもらえます。

 

現在Googleの検索結果上位にあるサイトやブログは、このホワイトハットSEOをすことで、上位表示しているので参考にしてみるのもいいですね。

 

現在のSEOは

 

今でこそ、検索結果上位に表示されるのはとても内容が充実していて、有益なものばかりです。

 

 

しかし、昔、まだGoogleの検索エンジンが若く、技術的にも未熟だったころはこのブラックハットSEOが横行していて、悲しいことにそれで上位に表示することが可能だったのです。

 

だれでも楽はしたいものです。

 

それがお金儲けにつながるならなおさらで、ブラックハットSEOでお金を稼ぐ人もいました。

 

しかし、今はそういったSEO対策はすべてSEO上悪い評価につながるので逆効果です。下手をしたら、ペナルティーを受け、最悪の場合、サイト自体を消されることにもつながります。

 

しかし、すべてのブラックハットSEOがなくなったというわけではありません。

 

ブラックハットSEOは、「検索エンジンの裏を突く汚い手を用いたSEO対策」です。これからも、何らかのブラックハットSEOが新しく生まれることでしょう。

 

そのたびに、Googleはアップデートなどで対応することになります。

 

最近は、Googleの対応が早くなっているので、今時そんなハイリスクなことをする人は少ないでしょう。

 

以上、「ブラックハットSEOとは?簡単解説」でした。

コメント