IPアドレスとDNSを超簡単に解説

ネット知識

 

今回は、「IPアドレスとDNS」について解説していきます。ネットを使うなら知っておいて必ず損はないという知識で、情報系の勉強をするなら絶対知っておかなければならない知識です。

 

ただ、この記事は、本当に定義からわからないという人用の記事です。なので、ある程度知っていてさらに詳しい説明が知りたいという人にとっては、あまり実入りのない内容かもしれません。

 

IPアドレスとは

 

IPアドレスとは一言でいうと、インターネット上でいう「住所」のことです。アドレスは英語でaddressで意味は住所です。

 

例えば、私たちの住んでいる家に住所が割り振られるように、この世に生まれてきたパソコンにはIPアドレス(住所)が割り振られます。

 

別の言い方をすると、この世の一つ一つのインターネットに接続するための機械を識別するための「個体番号」のようなものです。

 

IPアドレスは2進数という数字の羅列でできています。このIPアドレスがあるから、私たちは他のサイトなどにアクセスする際、そのサイトのIPアドレス(住所)を参照することで迷わずにサイトに移動できるわけです。

 

しかし、ここまで聞いて、

 

「え?でもそんな数字の羅列を使った覚えないよ!」

 

と思うでしょう。

その通りです。

わたしも日常でそんな数字のられつを使っている覚えはありません。

 

このIPアドレスは主に、人間ではなくコンピューターがつかう住所です。

なので一般の生活で使っていなくて当然です。実はこのIPアドレスは次に説明するドメイン名に変えられていて、私たちはそのドメイン名を使っているのです。ただ、ここで説明してもよく分からないと思うので次のDNSの説明を読んでもらうと手っ取り早いです。

 

では次に、DNSについて説明します。

 

DNSとは

 

DNSとはIPアドレスをドメイン名に翻訳するシステムです。ここで、ドメイン名ってなに?と思っている人のためにざっくり説明します。

 

私たちが使うURL、例えば私のサイトのトップページのURL http://yukawano.net yukawano.net の部分がドメイン名になります。

 

どうですか?そういわれると一度くらいはドメイン名を見たことありますよね?

 

ドメイン名は人間がサイトにアクセスする時につかう住所です。つまり、人間がつかう住所はドメイン名で、パソコンが使う住所は数字の羅列であらわします。

 

そしてDNSとは、そのドメイン名としての住所と、数字の羅列としての住所をそれぞれに書き換えるためのシステムなのです。

 

なんで2種類のIPアドレス(住所)が用意されたのかというと、人間は数字の羅列のIPアドレスを使うのには使いにくいからです。なんとなく想像つきますよね?

 

 

例えば、IPアドレスの例を適当に書くと、「10001100 10001011 00010001 00010010」とかですが、こんな数字をサイトにアクセスする際にいちいち覚えて入力するのなんて嫌ですよね。私は嫌です。

 

しかし、「https://yukawano.net」なら入力してあげなくもないですよね。数字より意味を持った文字の方が人間は認識しやすいのです。

 

対して、私たちが使っているパソコンはこんな頭の痛くなるような数字の羅列を常に扱っています。なぜなら、人間とは逆にパソコン側は数字の羅列のほうが認識しやすいからです。よって、人間にはドメイン名を機械にはドメイン名ではなく数字の羅列のIPアドレスを使わせてあげます。

 

 

以上を踏まえて、雑な例えになってしまいますが、DNSは「ドメイン語と数字の羅列語を翻訳するための翻訳こんにゃく」たいなものなのです。(超ざっくりですいませんw)

 

以上がIPアドレスとDNSの説明でした。

 

まあ実際はブログを運営していて、ドメイン名もIPアドレスもそこまで勉強することはないのですが、その理解もざっくりでいいので覚えておいてください。

では。

コメント