ブログ記事は最低でも1000文字なくてはならない?

ブログ運営

 

ブログで記事を書いていると必ず意識するのが文字数です。

ふと作りかけの記事を見て「まだ500文字か〜」とか「もう2000文字越え!?」と思ったこともあるでしょう。ブログ初心者はまだ記事がうまく書けず、この文字数をかせぐのに四苦八苦しているかもしれません。

 

そんな中、「ブログの記事は1000文字いけばOK」とか「1000文字ないとSEO的に良くない」なんてことを聞きます。ブログ界ではかなり有名な話ですよね。個人的にこの話を「千文字問題」と呼んでいますが、さて本当に1000文字は必須なのでしょうか?

 

今回は「ブログの記事は1000文字ないといけないのか」について書いていきます。

 

そもそもなぜ最低1000文字以上と言われるのか?

 

疑問に思いませんか?

Googleは公式に、ブログの記事は最低1000文字書かないと検索エンジンの評価が良くないと公表してはいません。

 

では、なぜ最低1000文字と言われるのか?

 

それは、ブログ訪問者にしっかりした情報発信を行う記事を書くと1000文字以上になるならだと思われます。通常、ブログに記事を書く時の構成はかなりザックリ表すと、

 

  1. 主張、結論
  2. 理由、解説
  3. その他

 

というふうになるでしょう。

この時、ブログ訪問者の疑問にすぐに答え、理由や根拠を明確にして、かつ、例えをと使うなどして分かりやすく解説する記事を書くと文字数は、1000文字前後になります。

 

ここで、端数の好きな日本人はキリよく1000文字を標準的な文字数にし、また、検索結果上位に表示されているほとんどの記事の文字数が1000文字以上あることを踏まえて、「1000文字が記事の標準」から「ブログ記事は1000文字無いとSEO的に良くない」となったと思われます。

 

1000文字以内でもいいのか?

 

記事の内容次第です

 

現に、1000文字に達していなくても検索結果上位に表示されている記事もあります。しっかりと要点を押さえてブログ訪問者の疑問に答えてくれる記事なら、1000文字に達していなくてもブログ訪問者も検索エンジンも評価してくれます。

 

逆にいくら文字数が多くても、関係ない事をダラダラ書いてあるだけの記事は誰も評価してくれません。

 

当然のことを言っていますがこのことをしっかりと意識して記事を書かないと「あ!?文字数が少ない。もうちょっと何か付け足さないと」となって、ユーザー重視から文字数重視になり、ユーザーにとって大して価値のない余計な情報を付け足してしまうことがあるかもしれません。

 

じゃあ要点を押さえれば100文字でもいいのかと言われれば、そこまで極端に少ないと流石に検索エンジンの評価も良くないでしょう。ここで言いたいのは、文字数ではなくコンテンツを重視して記事を書くことが健全であるということです。

 

量より質です。文字数より内容です。Googleもオリジナルの内容を含む記事は高く評価すると公式で公表しています。

 

とはいっても、現実問題やっぱりある程度の文字数がないとブログ訪問者も情報量に不安を覚えることがあるかもしれません。

 

なので、SEO的に関連があるとは言わないまでも、ユーザー目線で1000文字くらいあった方がやっぱり読む文字数としても適量、読む時間が1000文字だと約5分なので時間的にも申し分ない、という2点を踏まえて1000文字が目安ということです。

 

まとめ

 

以上のことをまとめると、

記事の文字数は最低1000文字以上というのは、SEO的に良いと言い切れないが、ユーザーにとって価値のある記事を作ろうとすると最低でもそのくらいになるため一つの目安とするといい。

 

ただし、重要なのは文字数より内容です。どちらかを極端にすればいいとは言いませんが、質が悪い記事にはどれだけ文字数があっても人は寄ってこないことはだれにでもわかります。量と質、バランスを意識してください。

 

以上、「ブログ記事は最低でも1000文字なくてはならない?」でした。

コメント