初心者必見!読みやすい記事の特徴を紹介【視覚編】

ブログ運営

 

ブログで書くのは記事。

そして、記事で求めれるのは”わかりやすさ”。わかりやすさには様々な定義がありますが、そのうちの一つに”視覚的なわかりやすさ”があります。

 

今回は「視覚的にわかりやすい記事の特徴」を解説していきます。

視覚的デザインの重要性

 

読者はわかりやすい記事を好みます。

 

文章的にわかりやすいことはもちろんですが、視覚的にもわかりやすい記事はとても好まれます。

 

たとえ役に立つ情報が書いてある記事でも、パッと見が文章の羅列でわかりずらいと思われたらすぐにブラウザバックされるでしょう。

 

とてももったいないことですが、読んでからわかる文章の分かりやすさより記事を見てすぐにわかる視覚的な情報の分かりやすさが一番伝わりやすいです。

 

今回は視覚的に読者に好まれる記事のデザインを紹介していきます。

 

改行ではなく段落を意識

 

文字がぎゅうぎゅうに詰まった文章は、文法的な易しさに関わらずとても読みにくい印象があります。文章と文章の間に適度に間を入れることで、読者を休ませるようにしなければストレスが溜まってしまいます。

 

この時、改行するのではなく新しい段落を作ります。つまりは2回改行する訳です。1度の改行では文章と文章の間に空白を作ることができません。多少は分かりやすくなるかもしれませんが、やっぱり見にくいです。

 

また、パソコンとスマホでは見た目が違うことに注意して下さい。パソコンとスマホでは、画面に表示される文字数が異なります。

 

パソコンでは比較的見やすくてもスマホで表示させると見にくいということがあります。

 

文字を装飾する

 

同じ様な黒い文字だけが続く文章では読者は退屈してしまいます。活字を読むのに慣れている人ならいざ知らず、小説などをあまり読まない人には少しストレスになるでしょう。

 

フォントや文字色を上手く使うと文章全体に緩急が付きメリハリがでます。文章に変化を生むことで、読者が退屈を感じるのを和らげることができます。

 

具体的には強調したい部分は太文字にしたり、注意したてもらいたい点は赤文字で書いたりします。マーカーを使うのもいいですね。私もよく黄色いマーカーを使います。ただし使いすぎると目がチカチカするような、見ていて疲れる文章になります。

 


例1

 


 

例2

 


 

例1はあちらこちらに色文字があり、文字のサイズも不安定で控えめに言ってもわかりずらいです。例2では太字しか使っていませんが、重要な部分だけを強調し伝えたい要点だけが目立っています。

 

文字の装飾で普段使うのは太字、赤文字、マーカーぐらいです。

 

また注意して欲しいのですが、文字の色では青色は使わないようにしましょう。リンクやアンカーテキストの色が青色なので、読者が勘違いしてしますことがあります。

 

見出しを付ける

 

見出しを付けると記事の全体構成が視覚的にとても分かりやすくなります。あなたが普段読む小説や昔読んだ国語の教科書の物語もしっかりと「第何章」という見出しがあったはずです。

 

この見出しは目次にもなるので、読者もこの見出しを見て自分に必要な情報があるかの判断をすることができます。パッと見出しを見て記事の内容の全容が分かるようにしましょう。目次をつけるプラグインをつけるととってもわかりやすくなります。

 

見出しの付け方は「必見!見出しタグの使い方 SEOにも重要?」で解説してきます。

 

画像を付ける

 

画像は必須です。画像があるのとないのとでは読者の滞在時間が大きく違います。この記事の冒頭にあるような画像です。先ほどの文字装飾と同じですが、同じ文字の羅列の中に変化を付けるために重要です。

 

また通常、読者は記事をはじめから熟読せず、ザーッと全体の記事内容を流し読みして分かりやすい記事かどうかなどを判断します。

 

文字は目で見てから脳でその意味を考え理解し、それでやっと意味をくみ取れます。しかし絵は見た瞬間にイメージとして脳に焼き付き、考えるという意識を必要としません。

 

読者にとってストレスが一切かかりません。記事に関連した可愛らしいイラストや面白い絵を文と文の間の休息所として載せましょう。

 

箇条書きを使う

 

箇条書きは大事なポイントを見せたいときなどに使うと読者にはわかりやすいです。

 

例えば、下の2つではどちらの方が分かりやすいですか?

 




 

箇条書きを使った方が明らかにわかりやすいですよね。ざっと流し読みしてもこの箇条書きの部分が目立ちます。私も「まとめ」の部分を作るときこの箇条書きを利用しています。

 

余計な文章を省いて、簡潔にポイントを伝えられます。

 

吹き出しを入れる

 

吹き出しはプラグインを使えば簡単に記事内に挿入することが出来ます。見た目がコミカルになるので漫画を見るようにわかりやすくなります。

 

最近はよく吹き出しを使った対話形式のブログ記事を見ますが、それぞれのキャラが出て漫画っぽくて読みやすいです。キャラクターを可愛い猫とかにすると読者も読む気がでてきます。

 

 

以上、「初心者必見!読みやすい記事の特徴を紹介【視覚編】」でした。

コメント