SSL/TLSとは?サクッと簡単解説

ブログ運営

 

SSLやTLS、知っている人はいますか?

3文字英語の単語はほんとのもう見飽きましたが、これも今後ブログ運営には必要になってくる知識です。SSLやTLSとはネットのセキュリティ用語なのですが、難しい印象なので馴染みのない人は多いはずです。

 

しかし、このSSLとTLSは今後のGoogleの評価にかかわってくるかもしれない要因のひとつとなります。面倒な気持ちはわかりますが、今回は「SSLとTLS」について簡単に解説するのでぜひお覚えていってください。

 

SSL/TLSとは

 

先程も書いたように、SSLとはネット上でのセキュリティ対策の一つです。SSLの他にTLSというものがありますがこれらは呼び方が違っただけで同じ意味です。本記事ではSSLと書きます。

 

近年はコインチェックの事件や顧客情報の流出などハッキング被害が毎年のように起きています。またハッキングだけではなく、盗聴、なりすまし、データの改ざんなどネット関係の犯罪はたくさんあります。

 

SSLとはそういった被害からあなたのサイトやそれを利用するユーザーを守るためのセキュリティ対策です。SSLを導入していないサイトはその分悪意ある第三者からの攻撃に弱くなってしまいます。

 

では具体的にどう対策しているのかを簡単に解説しましょう。

 

SSLの役割

 

SSLとはサイトとそのユーザー間で扱われるのデータの暗号化をすることです。このデータとは、名前、住所、メールアドレス、クレジットカード番号などの情報です。

 

ブログを運営したりメルマガを発行していると他人の情報を扱うことが多いです。そういった時に受送信する個人情報やその他データを暗号化することで他人からの悪意ある干渉からデータを守ることが出来ます。

 

どこかにメールアドレスを送ったら、そことは全く関係ない所からスパムメールが届いた経験はありませんか?

 

それはあなたが送ったメールアドレスのデータが不正に抜き取られてしまっているからです。スパムメールぐらいだったらまだいいですが、中には架空請求の電話がきたり、身に覚えのない犯罪の片棒を担がされることもあるようです。

 

このようにSSL化していない、暗号化していないデータは無防備な状態です。逆にSSL化したサイトは「共通鍵」と「秘密鍵」と呼ばれる道具で厳重にロックされ、めったなことでは他人からの影響を受けないようになっています。

 

SEOにはどう影響するか

 

現在、GoogleはサイトがSSL化されているかどうかをページの評価基準に入れる可能性があるとわかっています。

 

どれだけ大きく影響するのかはわかっていません。しかしユーザーを第一に考えるGoogleならば、今後セキュリティ面で必須の項目となってくる可能性は十分にあります。なので、今すぐに影響があることはありませんが今後のために検討した方がいいでしょう。

 

SSLしてるかの確認

 

さて、これまでのSSLの説明を聞いて「私のサイトはSSLを導入してるのかな?」と疑問に思う人はいるはずです。実は、このSSLが導入されているかどうかは一目でわかります。

 

それは、リンクを見ることです。サイトのリンクの一番左に「🔓 保護された通信」となっているかどうかを確認してください。また、SSL化されたサイトURLの特徴として、「http://」が「https://」になっています。

 

気になるサイトがあったら一度確認してみるといいでしょう。

 

以上、「SSL/TLSとは?サクッと簡単解説」でした。

コメント