検索エンジンの仕組み解説【ネット初心者用】

SEO

 

ネットを使う人間にとって必要不可欠のなのが検索機能です。今は多くの人がGoogleの検索機能を使っています。

 

しかし、その検索機能の仕組みを理解している人は何人いるでしょうか?

 

ブログやサイトをはじめとする、検索エンジンを媒体とする機能を使おうとする人には必ずと言っていいほど”検索エンジン”の仕組みの知識が必要となります。

 

今回はそのGoogleの検索エンジンの仕組みをサクッと解説します。

検索エンジンとは

 

検索エンジンとは普段私たちが使うGoogleなどの検索機能のことです。別名「サーチエンジン」とも呼ばれます。

 

例えば、あなたがラーメンの作り方を知りたいと思えば「ラーメン 作り方」と検索します。

 

その結果数万件の検索結果が表示され、その中からあなたは最も上位に位置するタイトルから順に目を通すはずです。見ていくと、上位に位置するタイトルのページはどれも良質なものばかりでしょう。

 

便利ですよね。

 

この検索のよってユーザーにとって便利で有益な情報(サイトやブログなど)を提供するのが検索エンジンです。

 

我々の分からないことや気になるものの情報のほとんどは、この検索エンジンから得られます。

 

では次にこの検索エンジンがどんなものから成り立っているのか見ていきましょう。

 

検索エンジンの3つの構成要素

 

検索エンジンの構成要素は大きく分けて3つに分類できます。

 

それが、

  • クロール
  • インデックス
  • ランキング

です。

 

我々が見るサイトは必ず以上の「クロール⇒インデックス⇒ランキング」の順の過程を経て表示されています。

 

それぞれ説明していきます。

 

クローラー

 

新しく作った記事やページは生まれて間もないため検索エンジンもその存在を知りません。そこは人間社会と同じです。生まれてすぐの赤ちゃんは親族とその関係者以外には認知されていません。

 

つまり最初に検索エンジンに「生まれたよ~」と気づいてもらう必要があるわけです。

 

この検索エンジンに存在を知らせるための機能がクローラーというわけです。

 

大量のローラーはが世界中にあるサイトやページを巡回してそのデータを集めているわけですが、このクローラーに自分のサイトを訪れてもらうことで初めてその存在を知ってもらえます。

 

この時クローラーがページの内容を集める作業を”クロール”といいます。

 

インデックス

 

さて、クローラーが来て無事クロールされ、ページの存在は知ってもらえばそれで完了かというとそういうことはありません。

 

新しく作ったページが検索結果に表示されるためには”インデックス”される必要があります。

 

インデックスは保存と同じ意味ですが、ページを保存されて初めて検索結果に表示されるようになります。

 

検索エンジンに表示されるサイトは全て”データベース”に保管されています。データベースとは、データの保管庫のようなものです。検索エンジンがサイトを表示する時はこのデータベースに入っているものしか表示されません。

 

つまりクロールされた後の段階として、「データベース(保管庫)にインデックス(保存)」される必要があると言うことです。

 

ランキングシステム

 

最後です。ページがインデックスされると当然検索結果に表示されるわけですが、ではそれを何処に表示すればいいのでしょう?

 

つまり検索結果の第何位に表示すればいいかということです。これが検索エンジンの最後の仕事です。

 

このインデックスされたページに順位をつけられるを”ランキングされる”と言います。

 

この時、順位をつける手順は検索エンジンの中のアルゴリズムによります。アルゴリズムとは簡単に言えば”手順”や”方法”のことです。

 

つまり検索エンジンの中のアルゴリズムとは「ページに順位をつけるための方法や手順」のことです。アルゴリズムという単語はよく使うので覚えておきましょう。

 

この順位付けは様々な要因によって決められますが、その要因は途方に暮れるほどたくさんあって複雑です。

 

Google自身も明確にどれがその要因であるかは明かしていないため、多くの人が日々その要因となりえるであろう物の予測と改善に努力しています。

 

 

以上の「クロール(存在の認知)⇒インデックス(保存)⇒ランキング(順位付け)」の機能を持ち、世界中のサイトやページを検索結果として表示するのが検索エンジンというものです。

 

Googel検索エンジンの第1目的

 

先程も述べたようにGoogleの検索エンジンのアルゴリズムは明かされていませんが、1つだけわかっていることがあります。

 

それはGoogleがユーザーのためになることを目標にしていることです。

 

検索エンジンはユーザーに有益な情報を提供するため、つまりユーザーを第一に考えています。

 

そのため、検索結果上位に表示させられるための条件は「良質でユーザーのためになる内容をどれだけ載せられるか」と言うことになります。

 

事実Googleの検索エンジンは年々アップデートがなされ、ユーザーにとって無価値なものはすぐに上位表示なされなくなっています。

 

もちろんランキングには他にも様々な要因が絡んではいるのです。しかしそのすべてが”良質な内容”を土台として成り立っていることを覚えておいてください。

 

 

以上「検索エンジンの仕組み解説【ネット初心者用】」でした。

 

コメント