CMSとは?初心者のサイト作りに便利な理由を解説

ネット知識

 

ブログやサイトを使う際にはHTMLやCSSが必要と言うことを聞いたことがあると思います。

 

しかし、ブログを運営している人たちがみんなそういった知識に堪能だと言うことではありません。

 

今の世、どんな人間でもブログを始めることが出来るようになっています。ではなぜHTMLなどの専門知識が乏しいにも関わらずブログを運営することが出来ているのか?

 

CMSがそれを可能にしているからです。

 

今回はそのCMSについて簡単に解説していきます。

 

CMSとは

 

CMS(シーエムエス)とはHTMLなどの専門知識がなくてもWebサイトを作成及び運営するのに使うシステムで、コンテンツ・マネジメント・システムの略です。

 

サイト作成のためのシステムは他にもありますが、CMSはそのうちの一つと考えてもらって構いません。

 

CMSの特徴(メリット)

 

通常Webサイトを作ったり運営したりするのは、HTMLやCSSなどの専門的な知識と技術が必要となる大変面倒な作業です。ページを更新するたびにコードを書いて、定期的にリンク切れがないか確認して、、、などちょっとしたことがひと手間になることが多々あります。

 

 

CMSではそれらの技術がなくても文字や画像を入れるだけで簡単にWebサイトを運営することができます。つまり難しい部分はすべてCMSシステム側に任せることが出来るのです。これにより作業効率が断然早くなり、ページ更新はよりスムーズになります。

 

 

私が使っているCMSはWord Pressというものですが、通常の作業はWordを使っているかのようにコンテンツを作ることが出来るので非常に便利です。ページ更新は、テキスト入力や画像挿入、リンク挿入などは秒で出来るので専門的な知識はほぼいらないことが実感できます。

 

ちょうどMicrosoftのWordで文字を打って編集しているような感覚に似ています

 

また、サイトコンテンツを外注で作っている人にとっては自分で作り更新が出来るようになるためコスト的にも有利です。

 

デメリット

 

CMSはHTMLの技術がなくても扱うことができます。しかし、そのCMS自体の構造や勝手を覚えなければいけません。それ自体もそこまで難しいことではないと思いますが、「Webサイトなんて始めてだ」という人にとっては手間であることには変わりません。

 

また、もうすでにWebサイトを構築済みでCMSに移行して運営したいと言う場合は、手間はもちろんのことコストがかかるようです。

 

具体的な機能(Word Press)

具体的にどうサポートしてくれるのかというと、

 

例えば強調するときは、

 

<strong>テキスト</strong>

 

という風に強調にするのに必要なタグをつけなければなりません。他にも文字に色を付けたり大きさを自由に変えたり画像を挿入したりするのにもHTML知識が必要になります。しかし、Word Pressではボタンを1つクリックするだけでこれらの操作が出来てしまいます。いちいちHTMLを書く必要もないので知識がある人にとっても便利です。

 

 

 

上の画像や実際のWord Pressで新しくページを作るときの作業画面ですが、太文字やフォントカラー、アンダーライン、フォントサイズ、リンク挿入、画像挿入などなど多くの機能がボタン一つで出来ます。

 

他にも

 

  • 新ページを公開する時間の予約と指定
  • 画像のサイズを自由に変更
  • 自動的にリンクの更新をしてくれるのでリンク切れが発生しなくなる

 

などCMSのシステムが自動で行ってくれることが多いのでこちらが手を加えてあげる必要はかなり少ないです。

 

ブログやニュース系サイト、情報系サイトなどの頻繁にサイトを更新したりする必要がある人にはとても便利な機能ですね。

 

代表的なCMSの種類

 

  • Word Press

最も多くのシェアを誇っています。
誰でも無料で利用できプラグインが豊富にそろっています。

 

  • baserCMS

こちらも無料で使用できます。
こちらは日本で作られたCMSのため日本人にとってはとても分かりやすい構造になっています。
パソコン初心者にもお勧めです。

 

 

ここで挙げたCMS以外にも様々なCMSがありそれぞれに特徴や長所があります。

これからCMSを導入しようとする場合は自分の理想とするWebサイトの方向性にあったCMS導入をお勧めします。

 

こちらのページは参考にどうぞ→「CMS選定で失敗しない!おすすめCMS12選と押さえるべきポイント5つ

 

CMS基礎知識のまとめ

 

CMSとは

HTMLやCSSなどの技術がなくてもWebサイトを作成できるシステムで、ページの更新が頻繁にあるサイトや大規模サイトにとってはとても便利なシステムです。

 

このCMSを導入する場合は必要な手間やコスト、作るサイトの方向性をよく考えて自分にあったものを選びましょう。

 

また、私の意見ですがCMSを使っていてもそのうちHTMLやCSSの知識は必要になるのでそれらの知識とはまったく無縁とはいきません。

 

私の場合、CMSには基本的な機能は備わっていましたが、自分の望む機能やデザインを作るにはやっぱりHTMLやCSSの知識が必要になりました。なので「もっとデザインを凝ったものにしたい」という人は、HTMLとCSSはいづれ勉強することになることを知っておいた方がいいでしょう。

 

 

以上、「CMSとは?サイト作りに便利な理由を解説」でした。

 

コメント