画像加工ソフトPixlr Editer(ピクセラエディタ)の基本的な機能

ブログ運営

 

今回は私が画像加工をする際によく使っている画像処理ソフトを紹介します。

 

Pixlr Editor(ピクセラエディター)です。

 

無料のソフトで会員登録などが必要ないので、そんなに多用しないけどたまに使いたい人にも便利なソフトです。今回はその基本的な操作と機能を紹介します。

 

紹介する基本機能と操作

 

今回紹介する機能は、

 

  • 背景としての画像を開く
  • 画像をレイヤとして開く
  • 画像の拡大縮小
  • 色の指定
  • 文字の入れ方
  • モザイクの付け方
  • 保存の仕方
  • 保存後の注意

です。

では紹介します。

背景としての画像を開く

 

まずは最初の画像を開く操作からです。

 

Pixlr Editorのサイトを開くとまず下のような画像が出てきます。

 

ここでは、何もない無地の白紙を背景とするか、他のファイルから画像を背景として開くかを選択します。

 

 

今回は無地の白色を背景とするので+のアイコンをクリックします。他のファイルから画像をひたく場合はファイルのアイコンをクリックします。名前と画像全体の大きさを指定するよう求められるので、縦と横で何ピクセルかと適当な名前を指定してください。

 

↓こんな感じです。

 

画面左のあるのはツールバーです。まずはツールバーにあるそれぞれのツールの名前を教えます。

画像をレイヤとして開く

 

使いたしたい画像をレイヤとして開きます。

 

 

open images as layer(画像をレイアとして開く)を選択するとエクスプローラーが開くので、加工したい画像を選びます。

 

 

画像の拡大縮小

 

開いた画像の大きさが気に入らない場合は、上のEdito(編集)からFree transform(自由変形)を選びます。

 

 

すると、選択しているレイヤの画像を自由に拡大縮小、移動が出来るようになります。

 

新しいレイヤを開く

 

新しいレイヤは画面左のlayerの欄から作ることが出来ます。

 

 

↓新しいレイヤ2が増えました。

 

 

レイヤがドラッグアンドドロップで移動可能です。上に位置するレイヤのほうが前に出てくるので、画像の前後を入れ替えたいときは利用してください。

 

レイヤは上の画像のゴミ箱のアイコンで削除可能です。必要のないレイヤは選択後に削除します。

 

色の指定

 

色の指定にはツールバーにある色指定を使います。下の画像にあるように一番大きな四角い所が現在使っている色です。

 

 

小さい四角い所をクリックするとその色に変更できます。

 

また、同じくツールバーにあるスポイト機能を使うと画像内にある色と同じ色をそのまま使いたい場合に便利です。

 

スポイトのアイコンをクリックするとカーソルがスポイトの形になるので、そのままコピーしたい色をクリックします。すると今使っている色が選択した色と同じになります。

文字の入れ方

 

文字を入れる際は、ツールバーにある「A」のアイコンの文字をクリックします。

 

その後、文字を入れたい場所をクリックすると文字を挿入することが出来ます。

 

文字は後からでも、文字を入れたレイヤを選択後にその文字をクリックすることで場所、大きさ、色、フォントなどいくらでも変更できるので最初は適当な位置に書いても問題ありません。

 

文字ツールを使って文字を挿入すると自動的に新しいレイヤが作成され、挿入した文字はそのレイヤに書かれます。

 

また、新しく作成されたレイヤの名前はデフォルトで、挿入した文字がそのまま付けられます。レイヤの名前は後から変更可能です。

 

モザイクの付け方

 

外で撮った写真をなどを使う場合は、周りの人の顔や個人情報につながる物を隠さなければいけないことがあります。そういったときに使うモザイクは、画面上の「Filter(フィルター)」から利用できます。

 

まずは、モザイクを適用する範囲を指定する必要があります。範囲の指定にはツールバーにある「選択」を使います。下の画像の白い線で囲われているアイコンです。

 

 

次に、モザイクを適用したい画像のあるレイヤを選択して、指定する範囲をドラッグアンドドロップで指定します。

 

 

その後、画面上のFilterから「Pixelate(ピクセレート)」をクリックします。すると下のような画面のになるので、「Cell size(セルサイズ)」でモザイクの粗さを指定します。

 

 

保存の仕方

 

保存は画面上の一番左「File(ファイル)」の「Save(保存)」からできます。

 

保存をクリックすと、下のように保存する際の設定を指定できます。名前と保存形式(JPEG,PNG,PXD)などがあります。

 

 

OKをクリックするとコンピューター内のどの場所に保存するか選べるので、ドキュメント、デスクトップ、特定のファイルなどに保存してください。

 

保存後の注意

 

保存後に、使っていたピクセラエディターのタブを消去するとその時のレイヤ情報などはすべて消えてしまします。

 

後から画像をもう一度加工したいと思いピクセラエディターで開いてもレイヤ情報はなくなっているので、一つの画像としてしか処理されません。なので、保存後にタブを消す際は変更点がないかをよく確認するようにしてください。

 

 

以上、「画像加工ソフトPixlr Editer(ピクセラエディタ)の基本的な機能」でした。

 

コメント