Fetch as Googleで素早く新規ページをインデックスする方法【SEO対策】

SEO

 

新規に作成したページは、時間がたてば何もしなくてもGoogleのクローラーが読み込んでインデックスしてくれます。

 

しかし、意図的にクロールを早めることが出来るならわざわざ待つ必要もありませんよね。今回は新規に作ったページを素早くクローラーに見つけてもらうためにFetch as Googleを利用します。

 

まず最初にFetch as Googleとはいったいどんなツールなのか簡単に解説します。

 

Fetch as Googleとは

 

下記はGoogleの公式サイトFetch as Googleの説明です。

 

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます。このツールは、Google の通常のクロールとレンダリング プロセスで行われるように、クロールとレンダリングの実行をシミュレーションし、サイト上のクロールに関する問題をデバッグする際に便利です。

(ウェブサイト用 Fetch as Google を使用する)から抜粋

 

レンダリングとは、簡単に言えばページ内のHTMLを読み込んでその結果の内容を表示することです。

 

要は、「このツールではクローラーがページを実際にクロールすることの体験が出来て、ページがどのように表示されるのかを見ることが出来きます。ここでおかしな表示がされるようなら、あらかじめ修正点を発見することが出来ます。」ということです。

 

 

つまり実際にクロールが実施されるので、新しく作ったページはこの機能を使って素早くインデックスさせようということです。ただこのツールには回数制限があります。1日10件が限度です。

 

クロールさせる手順

 

ここでは実際に Fetch as Googleを使って自分のページをインデックスさせる手順を紹介していきます。全体的な手順は、「インデックスしたいページURLをGoogleに送る」というものです。特に難しい操作を求められるわけでもないので、一度覚えてしまえばあとは簡単です。それではどうぞ。

 

Fetch as Googleへ

 

まずは、Google Search Consoleを開きます。

 

次に、左のバーにある「クロール」から「Fetch as Google」に移動します。

 

 

取得

 

すると下のようなページが出現します。

 

 

 

ボックス内にインデックスさせたいページのパスを入力します。

 

例えば、「https://sample.com/karipage.html」をインデックスさせたいとすると、入力するパスは「karipage.html」なります。

 

PCとなっているところは、クローラーの種類を選ぶことが出来ます。PC用のクローラーかスマホなどのモバイル用のクローラーかです。レンダリングするときの表示のされ方が変わります。

 

 

次に「取得」か「取得してレンダリング」かを選びます。単にインデックスするだけなら「取得」でいいのですが、レンダリングで実際にどういう風に表示されるのかを確認したい場合は「取得してレンダリング」を選んでください。

 

今回は取得をクリックします。

 

ステータスの確認とリクエスト

 

するとすぐ下に、ステータスが表示されます。

 

 

 

ステータスに「完了」が表示されていればOKです。

 

 

完了以外の「一部完了」「権限がありません」などが表示された場合は、なにかしらのエラーがあります。完了と表示されている行をクリックすると取得したページの詳細コードが見れます。

 

コードが間違っていたりする場合はそこで確認してください。

 

 

また、詳細ページを見るとレンダリングを見ることが出来ます。レンダリングでは実際にページが表示されるときにどう表示されるのかがわかります。

 

ページはクローラーがPC用ならPC表示、モバイル用ならモバイル表示です。ここで自分の意図しない表示の場合は、その原因を見つけてページを再送信しましょう。

 

 

エラーを修正してステータスを「完了」にできたら、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

送信方法

 

すると送信方法の選択がでてきます。

 

 

 

 

各送信方法の説明です。

 

  • このURLのみをクロールする:最初にしたページのみをクロールします。

 

  • このURLと直接リンクをクロールする:指定したページとそのページにあるリンク先もクロールします。回数制限があります。

 

 

送信出来たら完了です。ステータスが「インデックス登録をリクエスト済み」になりました。

 

 

 

 

まとめ

 

素早くページをインデックスできるといいましたが、さすがにリクエストしてから秒でインデックスされるわけではありません。

 

しかし、開設して間もないサイトなどはなかなかクローラーが巡回しに来ないので、確実にインデックスさせるためにFetch as Googleは実施すべきです。やったことがない人は一度やってしまえば、あとは同じ手順なので経験として一度やってみてはどうでしょう。

 

コメント