WPアップグレードの方法と注意しなければならないこと【WP初心者】

ブログ運営

 

Word Pressを利用していると、たまに更新の項目にチェックがついていて「新しいバージョンがあります。更新してください。」という事が書いてあります。

 

更新なのだからしっかりした方がいいのは当然ですが、何の考えもなしに更新ボタンを押すと思いもよらぬことが起きることがあります。

 

今回はWPの更新をするにあたっての手順を解説していきます。

 

バックアップを取る

 

WPの更新では前のバージョンから次のバージョンに移行する際に、前バージョンのバグの修正、新機能追加などの仕様が変わります。この際、個々人で使っているパソコンの環境や設定などによって、思わぬ不具合が起きることがあります。

 

 

今まで書いてきたページが真っ白に表示されたなんてことはよく聞きます。WPを更新すると更新前のバージョンに戻すことはできなくなります。なので、バックアップを取っておかないと前の環境に戻すことが出来なくなります。

 

どんな精密な機械にもバグはつきものです。なので壊れる前のバックアップを取っておく必要があります。取っバックアップを取っておくことでWP更新時のもしもの時のための保険を作っておきましょう。

 

バックアップを取る方法はいくつかありますが、WP初心者は自動的にバックアップをとってくれるプラグインをお勧めします。私が使っているのは「UpdraftPulus Backup」です。バックアップをとる間隔とバックアップデータを送る場所などを指定して自動的にバックアップを取ってくれます。普段使っていてなにか間違いが起きたときも安心です。

 

プラグインを止める

 

プラグインはWPにおいて便利な機能として多くの人が利用しています。プラグインは便利な反面、更新による環境変化により不具合を引き起こす可能性があります。

 

 

なのであらかじめプラグインは停止させておくのがいいでしょう。プラグインの停止は一括でできる機能もあるので、問題ナシならば残さず停止させます。停止したプラグインはWPの更新後にまた有効化すれば元通りです。

 

WP更新

 

通常のWP更新はこれだけやれば安全に更新できます。更新はjpという日本バージョンのものを選びます。

 

 

更新が必要な場合は上の画像のように、WP更新の欄に「赤い丸印に数字」で更新が必要なものの数が表示されています。先程も書いたようにWPを更新すると更新前には戻れないので、やり残したことがないかしっかり確認しましょう。

 

WPを更新すると上の画像のように最新のWPにアップグレードしたことを証明する「最新バージョンのWord Pressをお使いです」が表示されます。また、更新した際になにか不具合が起きた場合はその下にある「再インストール」を行ってください。

 

まとめ

 

WP更新の際は、

 

  • バックアップを取る
  • プラグインを止める

 

を確認してから更新しましょう。

コメント